NGT48山口さん事件 NGT48運営が山口へ暴行したフ

NGT48山口さん事件 NGT48運営が山口へ暴行したフ。騒動の不手際は運営の問題だから、そんなのは「民事裁判」で認められるわけがない。NGT48運営が山口へ暴行したファンへ3000万円の損害賠償を求めて訴訟しました もし満額3000万円を請求出来たとして3000万円はどうなるんですか 被害者の山口真帆に渡るんですか それとも運営会社AKSが全部もらうのでしょうか NGT48山口さん事件。NGT48山口さん事件 運営会社が男性ファンらに3000万円賠償請求暴行
容疑で逮捕不起訴処分された男性ファン2人を相手取り。損害賠償を求めて
新潟地裁に提訴した裁判で。AKSが「事件によりNGT48元NGT山口真帆が暴行された事件。元の山口真帆に対する暴行事件で逮捕された男性ファン人。運営会社
が万円の損害賠償を求めて提訴したことが日。分かった。「事件
によりの芸能活動が休止した」などと主張している

NGT48の運営が3千万賠償請求。事件が明るみに出たのは。暴行を受けたとされる元メンバーの山口真帆さんの
告発でした。AKSはこれらの損害の総額が1億円以上にのぼると計算し。
そのうちの3000万円を男性ファン2人に賠償するように求めてNGT暴行事件3000万円の損賠訴訟。新潟県が拠点のアイドルグループ「NGT48」の運営会社「AKS」が。元
メンバー山口真帆23への暴行容疑で逮捕され不起訴との運営会社「
AKS」が。元メンバー山口真帆23への暴行容疑で逮捕され不起訴となっ
た男性ファン2人に3000万円の損害賠償をAKSの代理人弁護士は「この
ような事態に陥った原因を究明し。再発防止につなげたい」と話した。

NGT訴訟で和解成立。アイドルグループ「」の元メンバー。山口真帆さんへの暴行問題を
巡り。運営会社の=現?起訴になった男性ファン人に万円の損害
賠償を求めた訴訟が日。新潟地裁篠原礼裁判長で和解した。終わらぬ山口真帆暴行騒動。事件によりが活動休止せざるを得なくなったとして。損害賠償の請求額が
万円に上ることを各のファンとされる男性人は昨年月日。
新潟市内の山口の自宅前で山口の顔をつかみ暴行。による損失。メンバーの
自宅警備費用などにかかった計億円余りのうち。,万円を請求したという。
山口真帆「嘘つかれるのは悲しい」移籍前夜の運営批判が波紋『NGT裁判』和解が成立。アイドルグループ「」の元メンバーで女優の山口真帆への暴行容疑
で逮捕不起訴された男性ファン人に対し。運営会社「『裁判』
和解が成立。山口真帆への暴行関与で。被告側が「」に賠償金数百万円。
謝罪文と出禁も暴行容疑で逮捕不起訴された男性ファン人に対し。運営
会社「」現ヴァーナロッサムが万円の損害賠償を支払うように求め
た裁判の弁論準備手続きが日。新潟地裁で開かれ。和解が成立したこと

NGT暴行訴訟が和解。を運営していた現ヴァーナロッサムが。元メンバー山口真帆
への暴行容疑で逮捕され不起訴となった男性ファン人に対して万円の
損害賠償を求めた訴訟が日。新潟地裁で和解した。 続きを読む

騒動の不手際は運営の問題だから、そんなのは「民事裁判」で認められるわけがない。仮に、3000万円で両者が合意したとしても、「運営が立て替えてあげる」んじゃあないの?仲が良さそうだから笑つまり、「タコが自分の足を食う」ようなもんだわな笑???誰も損しない。「刑事裁判」じゃあないから「前科」も付かないし。結局は「私達はきちんと裁判をやりました」という「記録さえ残れば良い」んじゃあないの?損害賠償は ほとんどは逃げ得 状態で払われていないのが9割位です。財産や給料の差し押さえも原告側が自ら調べて執行しなければ いけません。裁判が終われば誰も知らんぷりです。時効もありますし裁判なんて あってないようなものです。私はこの裁判自体がアリバイ作りのための茶番だと思っているので仮に被告に損害賠償の支払い命令が出ても実際には支払われないと思います。民事なので判決自体に強制力はありません。単に払いなさいと命令するだけです。だから賠償命令が出ても金が無いなどと言ってばっくれてるケースはいくらでもありますからね。そこて強制執行となりますが、それには原告被害者側の再三の支払い要請を無視し続けるなどの悪質性が認められる必要がありますが、今回の犯人達はNGTの主要メンバーとの交際が噂されている実際には運営は実態をつかんでいるでしょうがグループの一員ですから敵に回せばリベンジポルノでどんな写真をばら撒かれるかわかりませんし、仮にその中に未成年メンバーの飲酒や喫煙などあればNGTの再起は絶望的です。つまり運営側は初めから被告を敵に回すわけには行かないし「相手が支払いに応じないなら仕方がない、諦めます」と言えばそれまでなんですよ。おそらく「一応裁判はするけど金は払わなくていいよ」ということで話が付いていると私はみています。運営会社が全部もらうんだと思います。馬鹿馬鹿しい話で、今頃になって犯罪を犯した男らを相手にとって裁判かよ!!って思いました。3000万の損害が発生したのは男らだけの問題じゃないだろって思います。運営会社の対応が悪かった事にもよる損害だと思います。 もちろん犯罪を犯した男らが一番悪いですが、ちゃんとまほほんの事件を運営会社が対応していれば、そこまで損害は発生していなかったと私は思います。だって一番の被害者であるまほほんを加害者と言った運営会社ですからね。そんな会社に企業も呆れたんでしょうね。新潟県からも企業契約打ち切られたじゃないですか。地元である新潟県からも見捨てられたのは運営会社のせいでしょう。そういう事もあって莫大な損害が発生しちゃったんですよね。被害者のまほほんが本当に可哀想です前の方が書かれてますが損害賠償は金銭的損害に対するもの。運営の損害に対するものです。山口さんが請求するのは損害賠償ではなく慰謝料なので今回は関係ありません。活動休止や契約打ち切りは三月の松村匠取締役運営総責任者現:IZ*ONE取締役運営総責任者と第三者委員会報告書によるものだから。加害者に請求出来るのはメンバーの警備対策費の一部と第三者委員会への報酬でしょうね。運営としては事件に関わったメンバーはいない事を加害者側に言わせたいだろうけど、それさえ言えば値段を落としたりして示談すると思う。しかし、ファンや新潟県民はメンバーの事件の関与でなく、アイドルハンターグループとのつながりや交際について問題視している。交際中のメンバーと別れろという話になれば風向きも変わる。NGT48山口さん事件 運営会社が男性ファンらに3000万円賠償請求[ 訴状などによると、男性ファン2人は事件直後、山口さんらに事件の経緯などを聞かれ、他のメンバーが関与していると返答。このため、グループ内の信頼関係が損なわれたり、インターネット上で他のメンバーへの嫌がらせ行為が起きるなどして、NGT48は劇場公演やツアーを中止せざるをえなくなった。このほか、NGT48が出演していた広告が打ち切られたことなどによる損失やメンバーの警備対策費、第三者委員会への報酬も発生した。 AKSはこれらの損害の総額が1億円以上にのぼると計算し、そのうちの3000万円を男性ファン2人に賠償するように求めている。」損害が3000万円あったから、3000万円の損害賠償を請求した訳でしょうから、その損害の穴埋めに使われる。どうだろう。個人と事務所も色々あるようだし、加害者も裏で噛んでるようだし、金額からいっても、この子にその価値はない。もし、認められたら、ますます生きるのが馬鹿馬鹿しくなるけどね。