Wolfram 行列 A = 5 6 4 5に関してA

Wolfram 行列 A = 5 6 4 5に関してA。一般的に行いますA=。行列
A

5 6
4 5

に関して、A^nを求めよ ただし、nは整数とする

という問題がわかりません 解き方も含めて回答解説していただける方
いらっしゃいますか 行列式と行列determinant。3.補足 4.の解法 5.例 6.練習 6行列式の積 1.行列式の積 2
.連立1次同次方程式 3.例 4.練習定理3により。以下に述べる定理は
すべて列に関しても成り立つ列に関しての定理をまとめたものはこちら。
定理行列式。=?+??++?+=?+?=? 同じ行列式で,第1行
に関して余因子展開すると次のようになります. =?+??+??
=?+?=? で行列式を計算する方法 正方行列の各成分が整数

楽天市場。テーマ – 2項間の漸化式 研究 均衡値の意味 テーマ – 3項間?連立型の漸化
式 研究 漸化式と行列?1次変換 テーマ – 数学的帰納法 §6 整数 分行列式編置換と巡回置換。行列式の定義に必要な「置換」という概念についてねっとり説明していきます!
!例えば。「,,,,」という数列を。「,,,,」と並び替え。両者の数字
をそれぞれ左から順に「と」「と」「先ほどの例で言えば。 と
のつの巡回置換が置換の中に含まれていたことになります。Wolfram。行列の計算機.行列の特性,算術演算と操作,トレース,行列式,逆行列,
掃き出し法,固有値と固有ベクトル,対角化.行列式 正方行列の行列式を
計算する. 行列の行列式を計算する。 {{, }, {, }}の行列式{{, , }, {-, –
, }, {-, -, }} {{, , },さまざまな種類の行列についての情報を求める
. 行列が

一般的に行いますA=-5 6-4 5単位行列E=1 00 1固有値をλ としてAの固有ベクトルをp=xyとq=xyとしますAp=λpよりA-λEp=0よって固有多項式はA-λE=0-5-λ5-λ+24=0λ^2-25+24=0λ^2=1よって固有値はλ=±1λ=1のとき固有ベクトルはA-Ep=0より-6x+6y=0x=yだからp=11λ=-1のとき固有ベクトルはA+Eq=0より-4x+6y=02x=3yだからq=32以上よりA を対角化する行列P はP=3 12 1がJ=-1 00 1に対角化します。これはP^-1AP=J を満たします。J=-1 00 1でJ^n=-1^n 00 1^n=-1^n 00 1ところでP^-1AP=J の両辺をn乗すると{P^-1AP}{P^-1AP}{P^-1AP}.がn個続からPP^-1=E だから左辺はP^-1A^n P右辺はJ^nだからA^n=PJ^n P^-1が成り立つP^-1=1 -1-2 3だからあとはP=3 12 1とJ^n=-1^n 00 1でPJ^n P^-1を 計算しますA^n=-2+3-1^n 3-3-1^n-2+2-1^n 3-2-1^nA^2=E 単位行列から,n=2k-1 のとき,A^n=An=2k のとき,A^n=E k=1,2,3,.となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です