日本の軍事 海上自衛隊対潜能力向上力入れて『あさひ』『ら

日本の軍事 海上自衛隊対潜能力向上力入れて『あさひ』『ら。去年でしたか。海上自衛隊対潜能力向上力入れて、『あさひ』『らぬい』な護衛艦先中国やロシアや北朝鮮の潜水艦発見て攻撃命令でなければ、短魚雷やVLAでの攻撃できませんか 魚雷防御装置積んでいるいえ、長魚雷で先制攻撃されて許可取っているので遅い、かいって魚雷で攻撃された勝手反撃すれば艦長など処分されそう

憲法法律早く変えて他国同じよう行動できるようなればいいね 日本の軍事。世紀になって中国海軍とのチキンレースに投入されるとは予想もできなかっ
ただろうな, 近隣の国が見事に赤いからな自衛隊は何故かアメリカの
原子力潜水艦やイージス艦でも見つけられない。, 朝鮮はロシア製の粗悪品
買わされて打ち上げすら対北。距離の近い対中どちらでも必要になる。,
ウケるのは海軍に力を入れ始めてるところだろ。日本の海上自衛隊はアジア
最高かもしれないが。戦闘機用空母がなければヘリコプター用隻だけしかない
自衛にしか専念

敵基地攻撃能力や日米同盟。海上自衛隊が保有する。対潜哨戒機が得た情報を蓄積。分析する対潜水艦戦
作戦センターが韓国にはないからだ。海自を通じて。韓国海軍の
対潜哨戒能力を向上させたかったからだ。韓国の今回の決定は。敵基地攻撃
能力の導入について軍事や経済面からの十分な検討や。北朝鮮や中国に対する
一貫した姿勢を維持できるかどうかなどの自衛隊が事実上の空母に改修する。
いずも型護衛艦基準排水量万トンなどに匹敵する装備だ。日本の軍事。この技術が朝鮮に渡る事はない この方法で北朝鮮の軍事力算出したら日韓を遥か
に上回る軍事超大国になっちまうぞ, 現有戦力でやトラップ代わりの障害物に
したて。アイゴーアイゴー叫びながら北へ逃げ込む韓国軍を一方的に追撃し
なければ海外の反応 中国。新しい-ステルス戦闘機を戦闘に投入 海外
ロシアのスホーイ -。ついに姿を現す 第世代何故かアメリカの原子力
潜水艦やイージス艦でも見つけられない。, 」海外の反応 / 海外「
日本人がプロフ

「P3C対潜哨戒機」に関連する情報。テレビ番組で紹介された「対潜哨戒機」に関連する情報の一覧です。これ
を支えてきたのが日本の電波情報の収拾能力。先月日防衛省が尖閣諸島近海
で浮上した中国海軍潜水艦の写真を公開した。発表は日中外相会談の半月前だっ
た。上海沖では先月日。北朝鮮のタンカーがドミニカ船籍のタンカーに。今月
にはベリーズ船籍のタンカーに横付けしているのが発見された。海上自衛隊
幹部候補生学校で年間学び。卒業後最短年での機長や護衛艦の艦長に
なる。

去年でしたか。日本の領海に侵入しようとした中国潜水艦が、海自哨戒艇などのアクティブソナー連打攻勢の音響に耐えかね、浮上して国旗を掲げました。日本近海の対潜哨戒網は、それだけが目的で充実しているわけではありませんが、諸外国の潜水艦で、日本に知られずに潜水航行することは、現時点ではほぼ不可能です。日本の対潜哨戒作戦は世界でも優秀且つしつこい事で有名ですよ。攻撃前に、攻撃できない様に徹底的に追尾してソナーブイで神経衰弱させますから。相手に攻撃する気力を無くする事が対潜哨戒作戦の目的ですから。潜水艦は他国の領海内では浮上し、国旗と軍艦旗を揚げて所属を明確にせねば攻撃されても文句は言えません。しかし海上自衛隊がそれを行えるかと言えばまず無理です。攻撃されたら正当防衛は出来ますが先制攻撃出来ないのは自衛隊にとっても大きな問題なのは明らかです。先に魚雷で攻撃をされたら反撃をしても処分はされません。逆に、攻撃をせずにこちらの警告を無視する相手の方が対処が大変です。普通の国でしたら領海にはいられたら無警告でも攻撃できますが、日本では相手が日本及び日本人に対する脅威と判断されない限り、ひたすら警告と威嚇しかできませんから。いや、戦時には幾らでも攻撃が可能です。司令部から隔絶した水中にある潜水艦の艦長には、他の戦闘部隊の長とは違って臨機応変な行動が認められています。自衛隊の対潜については戦後からずっとですがね。海軍時代からのトラウマです。あと、色々知識が足りていないですが、魚雷攻撃を受ける以前に魚雷発射管を開けた段階で攻撃は出来ますよ。まぁ、海自がそれをやるかは別ですが、正当防衛に許可は必要はありません。*といっても領海に潜水している潜水艦なんて問答無用で撃沈されても文句は言えないんですが、それは出来ません。*そもそも処分もなにも相手がやる気で魚雷発射管どころか長魚雷を撃ったら命の危険ですので処分あるなしは抑止力ならんでしょう。護衛艦を沈めて帰っても処分されると思いますし。それ以前に、艦長や司令が生き残って乗組員が何割か死んだら居てられないでしょう。ほんとうに自衛隊の皆さんは手かせ足かせをはめられて日本を守っています。私たちが出来るのは、手かせ足かせを外すため国を考えている党へ投票することだと思います。↑こんな回答をすると、足りない方が直ぐ戦争を起こす気かとイチャモンを付けて来ますが、そうではないと言っておきます。潜水艦の場合、本来どこにいるかもわからない存在ですから、日本領海内に侵入した他国潜水艦は、撃沈しても文句を言えないでしょう。言えば領海侵犯がバレてしまいます。現在の憲法下で日本政府が潜水艦に力を入れているのは、そういうことです。攻撃命令が無いのに攻撃したら、完全にテロ組織です。命令が守られる事は軍隊の基礎です。