Harano 小西行長が治めた肥後南半分は寺社仏閣が破壊

Harano 小西行長が治めた肥後南半分は寺社仏閣が破壊。バテレン追放令とは、文字通りPadre神父さんを追放しただけなので、迷える小羊どもをどうするという法令ではありません。小西行長が治めた肥後南半分は寺社仏閣が破壊されキリスト教が広まった 加藤清正が関ヶ原後、日蓮宗の法話を聞かせ改宗に務めたが改宗が進まないので徹底的に弾圧した???とタイトルは忘れましたが読みました

バテレン追放令が出たのに、小西行長領ではキリスト教が保護されていたのでしょうか 第43話。こうした父のもとで。行長は。幼少の頃から京都の南蛮寺聖堂でキリスト教
の教えを受けて育った。長じて秀吉に仕え肥後国の大名となった行長は。九州の
地で積極的に布教活動を展開する。宇土城址。関ケ原の合戦後。肥後一円を治めた加藤清正が。宇土城を自分の隠居所とする
ために大規模な改修をしましたが。隠居することなく年に亡くなりました。
翌年幕府の命令で城は破壊され。年の天草島原の乱後も徹底的に破壊され
ました。小西行長こにしゆきながは年に肥後南半分の領主として宇土
城主となった。年に家康がキリスト教を禁止し。ジュリアに棄教を迫るも
従わなかったので。ジュリアは東京の神津島こうづしまに島流し

瀬戸の島と船。右近が追放された今となっては。畿内の宣教師たちの頼みの綱は。若き「海の
青年司令官」の小西行長でした。行長の保護と記録され。小豆島の小西行長
時代に神社仏閣の破壊が徹底して行われたと伝えています。そして。1年後の
九州平定の論功行賞として。行長は肥後南部の24万石の大名に「栄転」近世
の瀬戸内海 小西行長は小豆島でどのようなキリスト教布教活動を行ったのか?
大豆購入量260石の半分を。購入しているのは社長の大森弁蔵です。Harano。小西行長,イメージ見直し,キリシタン大名,寺社破壊,肥後文献叢書,渡邊玄
察文書小西行長-は関ヶ原で西軍の将として戦いに敗れたため
,石田三成等と共に斬首された.秀吉がキリシタン禁教令を出したのは,行長
が熊本県の南半分の領地を与えられる前年の1587年であり, 秀吉の方針に
反して神道,当時,九州においては,領民を強制的にキリスト教に改宗させ
たり,神社仏閣を破壊するなどといったことが有馬晴信氏,大村

小西行長。小西行長の家紋小西氏の家紋は。「中結び祇園守」といわれています。祇園守紋
は。京都八坂神社の例祭「祇園祭」で用いられていた筒状の守を紋章化したもの
という説があります。秀吉のもとでは。水軍の司令官となって瀬戸内を掌握。
後に肥後の南半分を治める年こととなり。宇土しかし。キリスト教
では自死が禁じられているため。これを拒んで斬首に処されます。さよならキリシタン官兵衛さん。清正は当時。肥後国現?熊本県の北半分の領主。南半分を治めていた「小
西行長を撃ちて」その城を奪った。とあります。行長は。宣教師たちに当時
最も頼られていたキリシタン大名で。領内でもキリスト教が盛んでした。一方の
キリスト教式葬儀で埋葬されたままなのか。崇福寺に葬られて後に不明となっ
たのか。龍光院に移されたのか。それともいずれも違うのでしょうか。

バテレン追放令とは、文字通りPadre神父さんを追放しただけなので、迷える小羊どもをどうするという法令ではありません。カトリック教会は神父さんの指導があってこそ成り立つので神父さん抜きのキリスト教はありえないのですが小羊は放置されました。あっちサイドは布教できずに困り果てましたがこっちはいわしの頭も八百万の神に祭り上げる日本人ですからキリスト教の原型もとどめない謎進化を遂げて謎の新興宗教「カクレキリシタン」に変わっていきました。豊臣秀吉の「伴天連追布令」は、司祭神父を日本から追放することを目的としたもので、江戸幕府のキリスト教禁止令のように、一般信徒が信仰を持ち続けることを禁止したものではありませんでした。小西行長、黒田如水は表向き棄教したふりをして、信仰を持ち続けましたし、秀吉も貿易に差しさわりが出ることを望まなかったので、その追放令は有名無実のものになっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です