asahi 朝鮮人や中国人は 日本が昔朝鮮半島を植民地し

asahi 朝鮮人や中国人は 日本が昔朝鮮半島を植民地し。価値観、精神構造の違いでしょう。朝鮮人や中国人は、
日本が昔朝鮮半島を植民地していたから日本人を恨んでいるのですか
でもそれなら、
原爆投下したアメリカに日本人はどうして恨んでいないのですか 日本の朝鮮植民地支配。1910年の韓国併合から1945年の日本敗戦までの35年間。日本は朝鮮
半島を植民地支配した。日本は漢城を京城現在のソウルと改称して朝鮮
総督府を置き。現役の陸軍大将を総督として植民地支配を行った。朝鮮総督府は
。土地調査事業と称して土地所有権の確定作業を進め。広大な土地を国有地
として没収し。日本人の官僚や企業家に払い下げた。このように日本の朝鮮半島
支配は。重要な米穀などの食糧資源と労働力の供給地として位置づけてたところ
に重点があっ

日本と韓国。争いの中心は。韓国が適切とする賠償金の支払いを日本に要求していることだ。
日本が~年に朝鮮半島を占領した間の。強制労働などの残虐行為
に対するものとしている。両国で争いが続く理由としてつの点を挙げた。つ
は。年の条約は「植民地時代に関するすべての問題を解決」していないこと
。この問題が再燃したのは。年に韓国の大法院最高裁が日本の企業に
対し。強制労働をさせた韓国人に賠償を命じたのがきっかけだった。asahi。鉄道を破壊した朝鮮人を日本軍が処刑する場面を再現した展示。韓国の中国と
の国境に近い北朝鮮の新義州シニジュと。韓国の首都ソウルを結ぶ京義線
キョンウィソンで。韓国側の最北の駅だ。韓国軍が日本がいつ。どのように
朝鮮半島を植民地として支配するようになったのかを調べていると。鉄道が深く
関係しているらしいことを知った。京義線も京義線は。大韓帝国政府が朝鮮
民族の手による自力建設を目指していたが。資金不足でなかなか進まずにいた。
当時の

英米からみた日本の朝鮮支配一。さりながら。一方で日本の植民地支配は欧米のそれとは「似て非なるもの」との
イメージ?評価が定着しているのもまたなお。本稿は「日本の統治を英米は
どう見たのか」に重点を置いており。朝鮮人の動向や政治的側面以外については
十分なお。日本支配期朝鮮に領事館を設置していたのは英米の他。中国。
フランス。ソ連であるが。このうち英米は総領事をを年次報告の中で展開し
ていたのに対し。アメリカはアジアとは無関係の地域から赴任した領事もおり。
日本や朝鮮の朝鮮植民地支配を戦後日本はどう見てきたか。日本による朝鮮半島の植民地支配についての 「清算」は,年の日韓基本
の時点で日本の厚生省が把握していた在日朝鮮人 総数が,人となって人
に向けられた。連合国には 負けたが朝鮮や中国に負けたのではないという虚

いま振りかえる。いま振りかえる 植民地支配 歴史と実態2 抑圧36以来36年。朝鮮半島
は日本の植民地下に置かれます。中国東北部や日本へ移住し。低賃金労働者
となり苦しい生活を強いられた人もいました。総督府は軍隊を動員し無差別に
発砲したり。逮捕後も拷問するなどして徹底的に弾圧しました。

価値観、精神構造の違いでしょう。日本人は、「民族?宗教?人種が違えど、人類はみな平等」と考える人が大半です。過去の不幸な歴史により、他国と戦争はしても、終戦となり、一応解決すれば、「もう一度、仲よくしてみよう」と考えます。仲よくなれば、その国とは「対等」の立場で付き合います。どちらが上で、どちらが下とかは、考えません。しかし、朝鮮人や中国人は、「自分たちが一番正しく、上である」と考える人が多いです。ですから、常に上は優遇され、下は上に仕える、という考えが基本にあります。その序列でいくと、日本は「一番下」になります。その「一番下の日本」が、あろうことか上の者に歯向かったり中国、植民地本当は、併合にされたり朝鮮したものですから、恨むのは当然です。ですから、他国の人々の気持ちを理解するときには、日本人の感覚を捨てなければ、理解できません。日本の常識は、他国の非常識、という言葉もあります。「皆と力を合わせて、みんなで幸せを手に入れよう!」と日本人は良く言いますが、朝鮮や中国では、そんなのんきなことを言っている人は、馬鹿にされ、蹴落とされます。「他人を蹴落として、自分の幸せを手に入れよう!」が、正しい「常識」ですから。日本人は戦うべきときに戦い、その結果に納得しています。戦っても勝てない朝鮮人?中国人は戦うべきときは戦わないんです。ツッコミどころ満載の質問文だが、とにかく一つだけ指摘したい。日本が昔朝鮮半島を植民地にしていたからといって、なんで中国人が日本人を恨むという論理になるわけ?朝鮮と中国は全く別で中国には関係のない話だろ。昔中国が朝鮮半島を長い間にわたって隷属させていたから朝鮮人が中国に反発をする、というのなら、真偽は別にして納得はできる話だが。朝鮮人は植民地にしたこと、植民地時代に日本がしたことに対して恨んでいるというか、賠償などを求めています。といっても、朝鮮は長らく傀儡国家であり中国地域の有力な国に従っていました。よって元々植民地のようなものでした。更には賠償等は日韓基本条約時に名目は経済援助ですが、政府間の取り決めで賠償も含んだ額として支払っています。慰安婦についてもパク?クネ政権時に最終的解決をしました。中国は日中戦争のことを恨んでいます。特に南京虐殺。ただ、このことは中国が過大に人数などを宣伝していて日本としては軍人しか殺していないという立場を取っています。とはいっても戦闘に市民が巻き込まれたり、市民が爆弾を抱えて突撃したりもあったので一切殺してないとは言えませんがね。さらにいま、中国は共産党の一党独裁ですが日中戦争時には共産党と国民党の2党あり、この2つが中国を分断していたわけですが手を取り合い日本と戦いました。しかし現在の共産党は撤退を繰り返し戦力を温存し、国民党が主に戦いました。戦争終結後、共産党は温存した兵で国民党を倒し現在に至ります。日本はGHQ統治下において日本が悪いと教育をされました。よって、日本にはアメリカを恨む人があまりいません。総じて、私はどこが悪いとかないと思います。列強がアジア進出を強めアヘン戦争で中国を破り不平等な条約を結ばせたのを隣でみていた日本。東南アジア諸国の初代政権はことごとく日本に感謝していました。独立の引き金を引いてくれたと。似たような質問が多いなぁ。それは、特亜三国人以外は、みんな未来に向かって生きているからです。過去の事ばかりにこだわって、いがみ合って、また戦争するなんて馬鹿げた話ですよ。それは愚者おろかもののすることです。韓国人以外は、その先の未来に向かって進んでんでいます。昔の話をぶり返して、嘘とねつ造で、恩を仇で返す民族は、愚か者の代表ですよ。占領政策の違いです。恨まれるようなことをすれば100年恨まれる。もしあなたが、朝鮮人に侮辱され、殴られ、娘を犯され連れ去られたら、何年間恨みますか?台湾やインドネシアの人たちは日本を恨んでないアメリカが戦後、韓国人が反日になるように教育させたのだろう第二次大戦後、初代韓国大統領になった李承晩は若いころアメリカで過ごした実質、アメリカ人でありアメリカのエージェントだ親分からすると子分同士は仲が悪い方が都合がいい。子分同士が仲がいいと結託して親分に牙をむいてくるから??そのため日本の足かせとして、韓国人に李承晩をして反日教育をさせたのだろうまた、共通の敵を定めたほうが国民が結束する。よって韓国政府は半日を国力増強のため利用したのだろう中国は政治的に日本の自虐史観を利用してるのだろう中国は日本よりも欧米列強にひどい目に遭ってきたはずだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です