2011年06月28日火 プルサーマルMOX燃料は福島の

2011年06月28日火 プルサーマルMOX燃料は福島の。福島第一原発3号機ではMOX燃料を3分の1使っていました。プルサーマル(MOX燃料)は福島の事故で飛び散りましたか

プルトニウム、プルサーマル(MOX燃料)という言葉があまり報道されないのは何故ですか 福島第一原子力発電所3号機におけるプルサーマル実施に係る安全。平成年1月日水曜日。福島第一原子力発電所号機におけるプルサーマルの
実施に係る安全確認のための耐震安全性。高経年化対策への最新知見の反映。
人材育成。燃料採用に係る監視状況の適切な情報提供等を求めました。columnプルサーマルと高速増殖炉。福島第一原子力発電所の号機では。「プルサーマル」という。。号機とは
異なる手法が使われています。プルサーマルで使われている核燃料は「
燃料」とよばれ。 種類以上の物質が混合した燃料。具体的にはウランとは。
限られた資源であるウランをリサイクルする目的で。国内でも実用化のための
研究や試験が年代からなされてきました。つまり。ウラン燃料よりも制御が
難しく。また。ひとたび事故が起これば。よりたくさんのプルトニウムが環境中
に漏れ

火。核燃サイクル自体が疑問視される中でプルサーマル発電の燃料棒を増やしている
が。それが妥当なのか?そもそも燃料の成分がわからなければ。福島第一
原発号機爆発で燃料の何が溶け飛び散っているのか検知しようもないでは
ないか?国民を放射性物質の今回の福島第一原発事故で。旧来。想定された
範囲での放射線被害?放射性物質拡散被害対策が根拠を失いました。九州でも
県境を

福島第一原発3号機ではMOX燃料を3分の1使っていました。その3号機が1号機に続いて『爆発』しています。1号機の爆発と3号機の爆発は映像に撮られていて繰り返し放送されました。 白い蒸気に包まれた1号機の爆発と黒鉛に包まれた3号機の爆発には違いが感じられます。 1号機にはMOX燃料は使われていませんでした。黒鉛に包まれたのはMOX燃料の関係かも知れません。 しかし、それに触れたテレビ報道は無かったと記憶しています。 福島原発事故の廃炉作業のことを書いた日経新聞関係の書物には『3号機周辺の放射線量が特に高かった』との記載がありました。 1、3号機は同様な『爆発』とされていますが、何か違いが感じられます。 私には、東電や政府は『何か隠している』という疑いがあります。 マスコミにも『取材不足』を感じます。チェルノブイリと違って、ウランやプルトニウムは未検出でしたね。福島の場合は融点が低い物質が水素爆発で漏洩した感じですねトリチウム、ヨウ素、セシウムなどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です