韓国に連続制裁 日本が怒るべき時に怒らずに我慢してきたこ

韓国に連続制裁 日本が怒るべき時に怒らずに我慢してきたこ。韓国が、日本に何をしても「遺憾の意」しか示さないと舐めてきたのは事実だろうね。日本が怒るべき時に怒らずに我慢してきたことが、
韓国を「日本には何をやっても大丈夫だ」と、
つけ上がらせたともいえるのではないか ↓

韓国に連続制裁 日本政府、観艦式から“韓国排除” 識者「各国の軍隊は『日本もやっと腹を固めたか』と…」
7/4(木) 16:56配信
夕刊フジ

海自の観艦式に文大統領はお呼びでないようだ
日本政府は4日、韓国の半導体製造に不可欠なフッ化水素などの3品目の輸出管理を強化した いわゆる「元徴用工」の異常判決などを受け、文在寅(ムン?ジェイン)大統領率いる韓国政府との信頼関係が崩壊したため、従来の「優遇措置を廃止」するものだ 対抗措置に着手した韓国政府や左派メディアによる「自由貿易体制に逆行する」との批判には、「安全保障を目的とした適切な輸出管理の一環」と反論している 現に、安全保障分野では、海上自衛隊が10月に開催する観艦式に、韓国海軍を招待しない方針 世界各国の軍事安全保障の専門家も、韓国軍の異常さを認識しているという

「韓国に関連する輸出管理をめぐり、不適切な事案が発生した 厳格な制度の運用を行って、万全を期すことにした」「安全保障を目的する運用を見直しだ」「自由貿易体制に逆行しない」「一部報道、韓国側の反応にあるような、いわゆる対抗措置ではない」

世耕弘成経産相は2日の閣議後の記者会見で、韓国への半導体材料の輸出管理強化について、こう説明した

「不適切な事案」についての具体的言及はなかったが、韓国側に安全保障上の不備があったため、軍事転用が可能な「フッ化ポリイミド」「レジスト」「エッチングガス(高純度フッ化水素)」の3品目について、輸出手続きを厳格化した

世耕氏は輸出管理体制を「不断に見直す」とも述べ、今後、対象品目の拡大を検討することも示唆した

韓国政府側は「自由貿易体制に逆行する」として、世界貿易機関(WTO)への提訴も検討しているが、世耕氏は安保上の問題であるとして、「WTO違反ではない」と明言した

韓国への「安全保障上の措置」としては、韓国海軍駆逐艦が昨年12月、海上自衛隊P1哨戒機に火器管制用レーダーを照射した事件を受け、海自は今年10月に開く観艦式に、韓国海軍を招待しない方針を固めている

観艦式は、自衛隊の最高指揮官(首相)が艦隊を観閲することにより、部隊(隊員など)の士気を高め、国内外に自衛隊の精強さをアピールするために実施する 3年に一度行われ、友好国の海軍も招待して、国際親善や防衛交流も促進する

今年の観艦式は10月14日、相模湾で行う イージス護衛艦や潜水艦、掃海母艦など多数の艦船や航空機が参加し、安倍晋三首相は海自最大のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」に乗艦する予定 米国やオーストラリア、インドといった友好国の海軍のほか、中国海軍も「祝賀航行部隊」として加わる方向で調整している

韓国海軍はレーダー照射事件後、日本側が証拠を示して抗議しても事実関係を認めないだけでなく、「海自哨戒機が低空威嚇飛行した」などと、加害者なのに被害者を装って逆抗議してきている

こんな理不尽な話はない 常識や良識がある国家や軍の対応ではなく、とても友好国とはいえない

防衛省幹部は「韓国側が、レーダー照射の事実関係を認めて、頭を下げない限り、防衛交流なんて危なくてできない」と、夕刊フジの取材に明言している

安全保障分野での毅然(きぜん)とした姿勢は、半導体製造に必要な3品目の輸出管理強化も含め、納得できる対応といえそうだ

日本の一部の左派メディアや識者は、「性急な動きは事態を一層こじらせる」「緊張をより高めるのは賢明とは思えない」「(事実上の)制裁なんてマトモじゃない」などと、したり顔で説教するが、どれだけ待っても文政権はまともに対応しない

日本が怒るべき時に怒らずに我慢してきたことが、韓国を「日本には何をやっても大丈夫だ」と、つけ上がらせたともいえる

海自観艦式に各国海軍が参加するなか、韓国海軍だけが招待されなければ、世界各国の軍隊はどう受け止めるのか

評論家で軍事ジャーナリストの潮匡人氏は「軍事安全保障の専門家は『日本もやっと腹を固めたか』と好意的に受け止めるだろう この半年ほど、日韓間のやりとりを観察していた専門家は『韓国はひどい』という認識で一致している ドナルド?トランプ米大統領が、大阪でのG20(20カ国?地域)首脳会合後に訪韓したのも、米韓同盟の重要性を確認するより、米朝首脳会談が主目的だった 米軍から見ても『韓国軍と肩を並べて戦えるのか 』という根本的な疑問を抱かせる次元になっているのではないか」と分析した 怒り診断でイライラをコントロール。気づくと自分も些細なことでイライラしたり。ストレスが溜まったりということ
はないだろうか。「自分はこんな小さなことで怒る人だったっけ?」と。自分
自身に驚いたり······。ポストコロナ時代において。人々の怒りがどのように変化
したのか。そしてその原因や対処法は?に例えると。レバーをバチっと押して
火花が散った時が。その人にとっての『?べき』が裏切られた時。

腹が立っても怒れず。アンガーマネジメントは。怒らない人になるのではなく。怒る必要のあることは
上手に怒るようにするものです。そして。ストレスのはけ口として。物
に当たって壊したり。などのに書いたりしたことが。後で和田秀樹に聞く「日本の怒りのスイッチはどこに」。しかし。怒りの感情を抑圧した方がよいとされる国民性と。逆に怒った時は表に
出した方がよいとされる国民性はあるのではないか。日本では。怒りは抑圧した
方がよいとされ。逆に。怒る人間は大人げない人物と見られてしまう。 ところが
。たまに「最近では北朝鮮や韓国。高齢者の運転。受動喫煙。原発などへの
怒りが挙げられる。 何によってオーソライズされるのか。普通は多数派という
ことになるだろうが。日本では声が大きいほど認められる傾向がある。

山崎。日本が怒るべき時に怒らずに我慢してきたことが。韓国を『日本には何をやって
も大丈夫だ』と。つけ上がらせたともいえる」 フジサンケイ系の夕刊フジ実はカンタン「怒らない技術」10のコツ。そこでまずは。“怒らないスキル”のうち。イライラや怒りを感じたとき。
とっさに実行することで思考系を優位にできる方法をつ。嶋津氏その最も
簡単な方法が。イライラを感じたときに頭の中で「。。」とつ数える「
ストップシンキング思考停止」です。そして子供にどのように話せば。
悪いことをしたと理解してもらえるかを考えられるはずです。率先して「
真ん中の席」を選択すべき平均賃金は韓国以下「貧しい国」になった日本が
生き残るための“新常識”

「アンガ―マネジメント」を活用。米国で働いているとき。怒りに振り回される自分に苦しんだことを機に「
アンガーマネジメント」を学び。日本に導入。自分と違う価値観を持つ人と
付き合う場面が増えたことで。お互いにストレスを感じやすくなっているのです
。そもそも怒りとは。動物にとっては天敵に遭遇したときに身を守るための「
防衛本能」です。それでも怒ったほうがいいか。怒らずに我慢するか。難しい
判断です。「韓国には日本人の怒りが伝わっていない」女優の黒田福美氏。日韓関係がかつてないほど冷え込んでいる。元徴用工訴訟で日本の対韓世論は
悪化し。韓国国会議長が天皇陛下に謝罪を求める発言をしたことで。関係修復の
糸口が見えなくなった。日本と韓国は良好な関係を取り戻せるのか

ユーキャンのアンガーマネジメント資格取得講座。かといって。「怒らないようにしないと」と我慢を続けていると。ある日。
たまった不満が爆発するかもしれません。怒ることで真剣さや必死さが伝わっ
たり。スポーツなどの場面では怒りが自分を動かすエネルギーに変わったりなど
。怒ることに日本では延べ万人以上がアンガーマネジメントを学んでい
ます。私たちは自分の中に。「仕事はこうすべき」「子供は親のいうことを
聞くべき」というような多くの「べき」を持っていて。その「べき」が裏切られ
た時に怒りのアンガーマネジメント。一般社団法人日本アを紹介します。本連載は。安藤氏の著書『あなたのまわり
の怒っている人図鑑』飛鳥新社から一部を抜粋した原稿です。誰かに怒る
時。その目的は相手をへこますことでも。反省させることでもありません。
ましてや自分ソウル市長選公認候補に呉世勲元市長 韓国最大野党

韓国に連続制裁。日本が怒るべき時に怒らずに我慢してきたことが。韓国を「日本には何をやって
も大丈夫だ」と。つけ上がらせたともいえる。 海自観艦式に各国海軍が参加する
なか。韓国海軍だけが招待されなければ。世界各国の軍隊はどう日本が怒るべき時に怒らずに我慢してきたことが。いずれかを含む。日本が怒るべき時に怒らずに我慢してきたことが 韓国を

韓国が、日本に何をしても「遺憾の意」しか示さないと舐めてきたのは事実だろうね。静かで優しく思いやり深い優等生をイジメて面白がっていた性格の悪い子が、とうとう優等生をマジで怒らせた図というか…。韓国は、レーダー照射事件北朝鮮の船を警備艦だけではなく韓国海軍まで出張って何かしていて、平素の警戒監視?情報収集をしていた自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーの照射し威嚇した事件を起こし、ホワイト国としての厳密な輸出管理のための協議をまともにしないできた。ゆえに、「安全保障上の理由」で、輸出手続きの優遇措置を改めて、通常の手続きに戻すなんて、当たり前と言えば当たり前の話。日本の輸出品を北朝鮮に横流しされて、軍事利用されている可能性もあるのだから。世界貿易機関WTOに提訴すれば、韓国側の立場が悪くなるだけだと思う。なぜなら、日本は「禁輸」したわけではなく、軍事利用が可能なそれらの3品目に対して、韓国が北朝鮮へ横流ししている可能性を踏まえ、信用信頼をベースとして日本独自の善意から行われていた手続きの優遇措置を「通常の手続き方法に変えただけ」だからだ。しかも、提訴すれば、日本側がつかんでいるかもしれない韓国の「北朝鮮への物資横流し」の証拠などをWTOに提出される可能性もあるだろう。今回の日本側の措置は、3段仕掛けになっていると思います。第1段階は、安全保障上の理由により半導体関連の原料これらは軍事利用可能の輸出を簡素化していた優遇措置をなくし、通常の手続きに戻す。これによって、90日間程度は手続きに時間がかかるため、実質的には禁輸状態になる。第2段階は、8月中旬に、日本の輸出優遇対象である「ホワイト国」から「一般国」に格下げされることにより、食料品等の除く他の物品に関しても、通常の手続きとなります。規制される製品は、経済産業省の下記のリンクをご確認ください。韓国政府が8月中旬までに、日本との信頼回復のために誠意ある行動を韓国側がとれば解除される可能性がありますが、見込みは薄いですね。具体的には、日本政府は、徴用工問題で差し押さえられた日本企業の資産の売却をやめさせ、日韓基本条約に基づき韓国政府が徴用工に個別賠償する誠意ある対応をするかどうかを見ていると思います。そして、第3段階は、現在は半導体の実質禁輸状態となるのは90日間程度なので一時的なダメージは見込まれますが致命傷とはなりません。ですが、韓国側が日本に誠意を見せることなく従来の反日対抗措置をとるのであれば、これまでの日本に対する韓国の敵対行動をもって、「安全保障上に問題あり」とし、通常の手続きにおいても輸出を許可しない状況を続かせる…という内容です。ここまですると、さすがに日本経済にも影響がでるので日本経済を考えると避けたいところでしょうが、ここまで信頼関係が壊れているのですから、日本政府はそこまで覚悟して今回の措置に踏み切ったと考えるのが妥当だと思います。日韓関係で韓国との慰安婦合意違反とか海上自衛隊の自衛隊旗掲揚の国際法違反とかレーダー照射問題とか徴用公問題の国際法違反などなど、明らかに韓国が国際法違反をしている事をマスコミやマスメディアが韓国擁護とも取れる報道をするのではなく、明らかな国際法違反であるという正論をもっと声を上げて報道して政府に毅然たる対応をするべきという正しい対応をしていれば、韓国もこれまでつけ上らずにちょっとおかしいと思い、徴用公などは国内での問題だと気付いて対応していれば、ここまでならなかったと思います。韓国をここまで鼻高にしてまた追い込んでしまったのは日本のマスコミ、マスメディアのせいだと思います。霞が関は 時には強く出ないとダメだと嘆いていた。日韓漁業協定などは日本の漁民は協定を守り 韓国の漁民は好き放題する。官僚は強く出るべきだと大昔から言っていた。政治家はどちらかと言えば大人の対応をしようとしてきたが 流石に この期に及んでは???とは言え 今回もジャブぐらいのパンチしか出してはいない。切り札はいくらでも有る 日本の総理が 通貨スワップは見直す時期だと発言するだけで 韓国経済は大混乱になり 世界の企業は韓国からさらに距離を置くだろう。何といっても ウオンも韓国銀行も信用が無い。スワップで得た円でドルを調達しているのが韓国の実力。韓国は自力でドルが調達できない。ウオンを支えているのは日本の円。日本が保障し韓国がドルを得ているに過ぎない。そこまですれば韓国は破たんする。それはそれで困るのも事実だが 韓国は破綻ランキングの上位の常連というのも事実。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です