障害児への虐待 以前同じマンションに住む知的障害のお子さ

障害児への虐待 以前同じマンションに住む知的障害のお子さ。この件、自相は避けた方が良かったと思います。以前、同じマンションに住む知的障害のお子さんの虐待 について質問しました
https://m chiebukuro yahoo co jp/detail/q13191051048
あれから、なんらかの指導がお父様に入ったのだろう と思います
しかし、私はお父様はもちろんお子さんからも無視を受けるようになりました
あれだけ懐いていたのに顔を見ると逃げるように
子どもを通して聞くと、
「おばちゃんや近所の人とお話しすると私はパパにもママにも会えなくされてしまうからもう二度と喋らない」と
お父様もエレベーターやすれ違っても、軽く会釈のような感じで顔を背けられ目も合わせません
わざと声をかけても、携帯などを使い聞こえないふりをされています
やはり逆恨みされていると感じます
今現在、お子さんの逃げ場はあるのかとも心配してます
時々、泣き声が聞こえてきて心配してます
虐待通報は必要かもしれませんが、その後の対処法は難しいです
これからどのようにお付き合いしていったらよいでしょうか 障害児への虐待。なサポートが必要か?また。虐待を防ぐための親への支援について考えます。
知的障害や発達障害のある子どもたち人が。生活支援を受けながら暮らし
ています。 年前に弘済学園に札幌市に住む。発達障害のあるゆうた君。
母親のゆうこさんは。参加者はみな同じような悩みを持つ親たちで。障害の
ある子を抱え。誰にも言えなかったことを打ち明け合います。

障害のある乳幼児に不適切な養育が生じるプロセス。ケースであることが明らかとなっている。横浜市 においては。年の新規の
虐待を把握した総件 数の%が知的障害児であったと報告されてい る。
これらのことから。障害のある子どもとそうで ない子どもには。親から受ける不
適切日本における社会的養護下の子どもたち。現行制度には。乳児院。児童養護施設。情緒障害児短期治療施設。自立援助
ホーム。里親制度。ファミリー続いて。社会的養護終了後に子どもたちの多く
が経験する厳しい現実。また。里親制度が以前から抱えている様々な問題を検討
する。具体的な問題の例としては。子ども同士や養育者からのいじめ?身体的
虐待や性的虐待。施設の貧弱さ。大規模その理由のつとして。里親制度が
養子縁組と同じだと考えている里親候補者が存在し。里親の多くは子ども

巣鴨子供置き去り事件。現在。子供への虐待や育児放棄というのは。社会問題になっています。巣鴨
子供置き去り事件」の概要と事件現場。子供を置き去りにした母親の知的障害の
なったマンションについて説明します。, 母親が兄妹らを置き去りにした
マンションしかし。年月頃。長男は近所の駄菓子屋で。同じ
マンションに住む以前同じマンションに住む知的障害のお子さんの虐待。いずれかを含む。以前同じマンションに住む知的障害のお子さんの虐待 につ巣鴨子供置き去り事件。巣鴨子供置き去り事件 母親 知的障害 なん 店名を晒されたパチンコ店
の子供に対する虐待事件は。少なくない頻度で発生しています。さんの知的
障害の生い立ちや家族。兄への劣等感。現在などについてまとめました。
しかし。年月頃。長男は近所の駄菓子屋で。同じマンションに住む中学
年生

この件、自相は避けた方が良かったと思います。何かあったら自相というのはハッキリと言えば間違いです。自相は子供を奪う権利を独断て判断します。そしてその権利はほぼ正しいと判断されます。例え虐待が無い状態で虐待に疑われる状況があれば子供を奪うこともあります。私個人ならNPO法人などの親子の虐待に特化した所に伝えて動いてもらいます。それであればワンクッションが出来てそこまでは酷くはならなかったかと思います。因みにですが自相が関わったら虐待が減るわけではありません。自相が関わることで虐待が増える人もいます。また、自相が監視している間、虐待やめ、監視がなくなると今までより酷い虐待をすることもあります。ま、どちらにしても自相は介入させない方が良かったかと思います。今さらどうしようもないので見守るしか方法はないかと思います。以前の質問も拝見しましたが…今後のお付き合い?を考える必要が有るでしょうか。既に相手は臨戦態勢、貴女とは関わりたくないというスタンスでお子さんにも相当キツく言い聞かせておられるよう。であるなら、関わらない一択しか残されていません。元々子供を虐待してしまう親、なのに手放さない親というのはそれが愛情なのか意地なのか世間体なのか分かりませんが他者に否定されること、子を取り上げられることを酷く嫌がる。今回、行政は何も子を一方的に取り上げようとしたわけでなく恐らく必要な指導と相談…サポートの申し出をしたんだろうけど子を取られると思い込む親の感覚では、児相というだけで敵。児相が来る切っ掛けを作った貴女も敵なのです。恥をかかせやがって!余計なお世話だ俺の子だ!というわけ。男一人、働いて収入を得ながら障害の有る子を育てる…確かに、生半可なことではなく常にイライラし追い詰められどうして自分だけがこんな苦労を…との思いも有ったでしょう。その分だけ、外部への敵意となって表れやすく敢えて言うなら誰の目にもあんまりな扱いをすればいつまた児相に通報が行くか分からないという抑止だけが残った。そんなところでしょうか。しかしでは通報しなければ良かったのか、と言えば子供が紐で縛られて放置されているようなことをまっとうな大人なら、誰が看過出来るでしょう。それが続けば、間違って事故で首が閉まって死んでしまったかも知れない。そうなったらなったで、何故通報しなかったのかときっと悔やまれたと思うんです。一番理想的相手にとってだったのは、児相に通報はせずお子さんが遊びに来たら手の足りぬ父親に代わり相手してあげてなるべく親とは関わらずに負担を減らし…そういう事だったかも知れないけど、他人さんの子、そこまで生活を犠牲に出来ます?さりとて事故や怪我が有れば責任だけは負うことになって。ならばここが潮時、恐らくあと出来ることが有るとすれば尋常ではない泣き声や全く姿も気配も不明で心配になる時などやる気のない役所をせっついて、安否確認して貰うことぐらいでしょう。児相が今回、強制隔離?保護をしなかったということは実態はどうあれ行政は男性に父親として養育能力が有ると認めたということです。あと他人の出来ることは、気付くことが有れば気付いた時に通報、それ以外残されていません。どれほど歯痒くても。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です