親の介護に疲れた 誰にも相談できずに批判覚悟です私33歳

親の介護に疲れた 誰にも相談できずに批判覚悟です私33歳。こんな男と結婚生活なんてかわいそうだなあ、何が楽しんだろう、、みたいな気持ちで読んでいたのですが、不倫をしてしまいました。誰にも相談できずに批判覚悟です
私33歳パート、主人49歳会社員子供は3人、賃貸住みです
私の家庭では旦那が全て家計管理、支払いも全てします
私が手渡しで頂けるのは、子供の習い事 費用(塾、スイミング代)と食費5万円です
子供たちは食べ盛りで正直厳しいのですが、私のパート代からも出しています
他にも、上二人の学費、必要になる諸費、二番目の子がスポ少に通ってる為その諸費、服等、私の化粧品、保険代、病院代はは私のパート代から…

私は、旦那が給料いくら貰って何に使ってるのかわかりません
お金が無いと口癖ともっと節約しろ という事なので見直したいと申し出ても見せません
正社員で働きに出る と伝えると家事は誰がするんだ と言われます…

主人は一番下の子以外は可愛がりません
次女に対しては口も聞かない程酷いです
口を開けば批判や隙を見つけての人格否定までします
私も気が強いのでその場で旦那に言い返したりしますが…

上の子二人は、主人が家にいる時は部屋に籠ってでてきません

もちろん改善はしてきました
そんな生活に疲れがさし、不倫をしてしまいました

主人にバレてるみたいですが、何も言わない代わりに車にGPS、家に監視カメラ,私の鞄からGPS等があります
行動すると必ずと言っていい程着信がなります

批判されても仕方ありません
私に最大の非があります
私が悪いのですが、結婚当初から正直友達とすら遊ぶ事も家に招きいらる事も禁じられ本当に疲れてきました
子供の為にと言いながら最低な事をしてると思っています

離婚を考えています…
疲れました
不倫相手とも主人とも別れてひっそり子どもたちと暮らしたいですが、親権は無理なのでしょうか
わがままだと分かっています

母子家庭になったとしても、通帳は旦那に握られてますが、相続した賃貸マンションの家賃収入等があるので節約しながら十分やっていけると思います

このまま我慢して子供が大学卒業まで待つか離婚してやっていくか…
わがまま承知です、
皆さんのご意見をお聞かせ下さい カサンドラ症候群について。うちは夫と会社も同じなので。家ではほとんど話さない環境にしていますが。
会社では仕事上話す機会があります。 私も最近。夫へのストレスが身体に出てき
たようで。体の右半身が異常に痛く。痛み止めの注射を打ち。薬ももらいました

親の介護に疲れた。別に同居しているわけではないが。平日は働き。休みの度に親元へ車を片道一
時間走らせこまごましたことを手伝う。昔から子供に礼を言うタイプの人たち
ではなかったが。それは今も同じでやってもらって当たり前。とい独身のアラフォー女子に共通する5つの特徴とは。「きれいなのに。なぜ?」そう思う独身のアラフォー女子がとても多いと感じ
ます。お話ししてみると。性格だって悪いわけではない。むしろ人当たりが良く
て。お話ししていて楽しい方が多いのです。それなのになぜ?夫が職場でいじめられ。なんで休んでいるのか? 仕事は熱があっても無理して行く様な人で。ほとんど
休んだことのない人です。 私もパート

誰に食わせてもらってるんじゃ。私40代前半 主人40代後半 中学の子供 小学校低学年の子供の四人家族。結婚
と同時に 私と主人の希望で私は退職し。十数年専業主婦です。最近子供が学校に
行ってる時間に パートを始めました。主人も了承済みです。タイトル通りの事をお金がないシングルマザーの貧困。先輩シンママ達の当時の月収。支出。貯金額 節約のアイディア。利用できる支援
?手当の受け方など 貧困を解決する方法 仕事と子育てを両立するコツ 新たな
パートナーの探し方。恋活?再婚活の方法 この記事の目次お寄せいただいたご意見。収入を得て税金を払ってる人が。給付の区分からも外され。収入が低いだけで
母子家庭とかには手厚くほぼタダ同然で大学へ行かせる事が出来る。しかも返さ
なくてもいい。頑張った人は何も恩恵を受けず莫大な借金をかかえ。卒業後何十
年も

48歳専業主婦「離婚したいけど。しかし。子どもが年子だったので手がかかり。仕事もしていなかったため。離婚
後の生活がどうなるのか不安です。 収入は。お小遣い稼ぎのために年間~万
円程度のパートをしています。夫は歳。

こんな男と結婚生活なんてかわいそうだなあ、何が楽しんだろう、、みたいな気持ちで読んでいたのですが、不倫をしてしまいました。この部分で思わず微笑んでしまいました。賃貸マンションの家賃収入等があって節約すれば十分やっていけるのでしょ?今考えられている通りに自分の意志に従って実行して努力して幸せや安らぎや自由を勝ち取られると良いと思いますよ。正社員で働きに出て賃貸マンションで子供たちを育てながら他所でもっと頭の良い素敵な男性とフリーで男女関係も楽しめば良いと思います。裕福な男性なら支援もしてくれると思います。親権については弁護士ドットコムで聞けば弁護士さんがいくらでも詳しく教えてくれると思いますよ。頑張ってくださいね。役所内の児童相談所へ行って相談してみては如何でしょうか?子供が18歳になるまで育児意外にも家庭内の事も含めて、相談にのってくれます。最善の道へ進むのに参考になるかと思います。多くは不倫すると、家事や仕事にやる気が出て、ご主人様から文句言われたって、不倫相手に癒されるから、ヘッチャラになるんですが、不倫相手とも別れたいと思っているなら、お相手の方ともうまくいってない気がします。多分離婚しても誰かと不倫すると思います。次に、離婚条件は、あなたの不倫がバレているとしたら、極めて不利になります。慰謝料も払わなくてはなりません。離婚されるなら、不倫はなんとしても否定して少しでも有利な条件で別れる手段をとりましょう。母子家庭は、案外、収入があるので、生活はやっていけます。あなただけが本当に悪いのでしょうか?こんな窮屈でモラハラまみれ、しかも経済的暴力、子どもを差別するなどの虐待もあるこのような中では混乱して精神的におかしくなって当然です女性相談や民間支援団体などを探して力になる繋がりを作りましょう大学費用を旦那がだしているのなら、案全敗をいくなら、卒業までまったほうがいい。くつの、ジーピーは外してどこかにつけちゃえばいい。でも、相手の男性に慰謝料請求されたら、男性がかわいそう。児童手当ももらえてるのに、たったの、五万って。最低だんな。とにかく不倫が悪かった。取れるものも取れない。反対に不倫相手の奥さんから慰謝料請求されたらどうする、2~300万円。親権は色々要素がある。生活費、子供3人+1人、学費、塾や習い事の月謝、服代など全部ひっくるめて、子供にとってどちらが良いか、協議離婚と言って、貴方とだんなが話し合って決める、これは一生かかっても決まらない。二番手、家庭裁判所に行って調停を申し込む。費用は千円くらい。ジャジャジャジャーン輝く№1は離婚専門の弁護士を立てる。分かりましたか?そんな窮屈な生活、お疲れだと思います。1番上のお子さんは、おいくつですか?ある程度の年齢なら、相談してみては?現状であまり関りがないので今後もこのまま過ごして大学まで行きたいと言うか、こういう家族は嫌だから、お金の問題よりも離婚してほしいと言うか??。離婚した場合??親権についてはよくわかりませんが、ご主人が持っても、お子さんは幸せにはなれないような。奥様がとれないのでしょうかね?そういう旦那さんは当事者同士で話し合おうとすると屁理屈を言ったり不貞行為で脅してきたりと素直に話には応じません。必ず弁護士を入れるべきです。弁護士さんでしたら攻め方や逃げ方までかなり良い情報をくれます。特に財産分与や養育費で言った言わない、感情的に話をされて進まないですよ。よく今まで我慢しましたね。大変だったと思います。早く別れた方が良いですよ。子供のためにもご自身のためにも。家賃収入があらならどうにかなりそうだから尚更お勧めします。ただ、もし不貞の不倫の証拠をしっかり握られていたら有責者からの離婚は認められません。嘘を突き通せるなら相手と口裏合わせレバー良いですが、、証拠になるものは話し合う前に全て消去しておいてください。というより現時点で全てを。旦那との生活に疲れて相談していただけだとしらを切り通すべきかと。そうじゃないと旦那さんの言い値の慰謝料払わないと別れられなくなりますから。それと親権はあなたに家賃収入もあり、子供たちがあなたと住みたいと言うでしょうから親権を取られることはまずないです。パートでも可能です。日本はまだまだお母さんが育てた方が良いという風潮が大きいため、余程でない限り旦那さんに親権は取られません。でも、離婚を伝えたら即刻荷物まとめて子供と家を出てください。旦那さんが子供を連れて先に出ると取り返すのが大変になります。もし送迎の必要な子供がいたら、離婚裁判中なので旦那さんや私以外が来ても渡さないで!と学校や保育所に伝えておきましょう。そんな身勝手な旦那さんと別れて親子で心から穏やかな生活を送れるようにお母さん、頑張って!!離婚して子供に苦労をさせない自信があるなら離婚していいと思います。もし、離婚して子供たちが辛い思いをするのであれば質問者様が我慢するしか方法は無いと思います。子供第一に色々考えてみてください。はやめに女性弁護士探してあるいは別居実績つくるめにある日突然子供連れて実家に。痔としていろいろ準備してこの先何の改善もないただの子供ですこいつは年明けにひそかにね。。学年代わりに次のところに行けるように友達にも協力してもらって親権はあなたが持てるように女性弁護士と相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です