点の存在範囲 数学のベクトルの存在範囲三角形OABに対し

点の存在範囲 数学のベクトルの存在範囲三角形OABに対し。OAの長さをs倍したものをOA’で、OBの長さをt倍したものがOB’と考えればいいわけです。数学のベクトルの存在範囲

三角形OABに対してOPベクトル=sOAベクトル+tOBベクトルとおく 実数s,tがs≧0,t≧0,s+t≦2を満たしながら変化するとき点Pの存在する範囲を求めよ

解説を何回読ん でもさっぱりわかりません
なるべく丁寧に解説してくださると嬉しいですm(__)m
宜しくお願い致します点の存在範囲。高校数学←のように変形すると,□右図の&#;はABの内分点,のとき
,又は外分点,の一方が負の数のときだから,OPはOP&#;を2倍にしたもの
+≦, ≧, ≧には,△OABの内部および周上が対応します。ベクトル
方程式の点の存在範囲について。+の範囲が指定されているものだけでなく ☆
≦≦☆。○≦≦◇などと感想の内で,どの問題がどうであったかを正確な
文章で伝えていただいた改善要望に対しては,可能な限り対応するようにしてい
ます

数学B。問題/ {/ } に対して。/{/ }=/{/
}+/{/ } とする実数 ~,~ が次の条件を満たすとき。点 {/
} の存在範囲を求めよ。{/ }~+=~,~≧~,~≧ベクトルの終点の存在範囲。に対して。点が次の条件を満たしながら動くとき。点の存在範囲を求めよ
。↑=↑+↑ -==,==/ -=+= よろしくお願い
します!ゆえに。点 は三角形 の周上とその内部を動きます。

OAの長さをs倍したものをOA’で、OBの長さをt倍したものがOB’と考えればいいわけです。でも、sとtが何倍なのかを求めなければならないので、?s+△t=1と置いてみましょう。最初の式はs+t しょうなりイコール 2だったので、1/2s+1/2t しょうなりイコール 1 になりますよね?s,tは大きさの倍率です。OAの1/2倍、OBも1/2倍してみて、そのベクトルをOA’ ,OB’とおくわけです。OAの中点がA’で、OBの中点がB’ってことです。△OA’B’がこの方程式の表す図形ですが、s+t しょうなりイコール 2ってことは、その三角形の周か、または内部ってことになるわけです。おわかりいただけましたか?ブラホック侍より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です