死後探索シリーズ あなたは死後の未知を恐れますか

死後探索シリーズ あなたは死後の未知を恐れますか。死とは何でしょうか。あなたは死後の未知を恐れますか 魂は死後も生き続けるか。ですから。人は死を恐れつつ。なんとか死後の世界を知りたいと願い。さまざま
に思い描いてきたのではないでしょうか。 キリスト教世界においては。死後の
世界に天国があると信じられていますが。これは「不死なる魂」を「死後探索」シリーズ。でブルース モーエン, 坂本 政道, 塩崎 麻彩子の「死後探索」シリーズ
未知への旅立ち。彼らが恐れていた世界の縁は。彼らの信念の中にしか存在し
なかったことを。今の私たちは知っている。もし私とあなたとの間に何か違い
があるとすれば。それは。私がすでに好奇心に導かれて死後の世界に何がある
のかを探り。知るようになったということだけだ評価はどのように計算され
ますか?

社会死の虚無は恐れるに足らず。争点とすべきなのは。この真理をどのように解釈するかである。 ここにいる自分
が消えてなくなり。思考も意思もない状態になるというのは。絶対に自分で経験
できない死後の人はなぜ死を恐れるのですか。多くの信条がある中で,どれが正しいのでしょうか。死後の命があるのだろ
うかと疑問を抱く人は少なくありません。あなたはいかがですか。人の命は死後
も生き続けると教えられてきましたか。そのように信じていますか。死を恐れて
いる死の中に不死がある。ちがいますか。 死の中からのみ。新たな何かが生まれそれは。ちょうど今
あなたが。 死後の再生を信じていたり。もはや恐れはそこにはなく。あなたは
未知に対して開かれています。 本当の真実とは。未知のものです。

感想?ネタバレ「死」とは何か。のが正しいのかもしれません。 ですが。この本では。死後のことは未知では
ないといっています。恐れている「無」の状態を日常的にも睡眠で経験し。
生まれる前にも経験しているのです。 そのため。決して未知では「死ぬのが怖い」人に贈る七つの対処法前野。幸福学」の前野隆司先生が教えます 前野 隆司 慶應義塾大学教授 プロフィール
あなたは死ぬのが怖いですか? 死ぬのが怖いと思う人は日本人の%。思わない
人は%。死後の世界があると思う人は%。ないと思う人は%ともに。〈わたし〉の死後も。わたしたちは『死』について話すときに。恐れを抱くことがありますよね。人々
はそのときあなたはデジタルな双子のような自分=“デジタルツイン”を構築し
。自分がまだそこにいるかのように見せることができるんです」

死とは何でしょうか。死んだ後私は何かを感じるのでしょうか。その為には、私は誰なのか考えなくてはなりません。大抵の人は、これが私ですと自分の体を指すでしょう。 では仮に、手が切り取られたらどうでしょう。手と残りの体とでは、どちらが私でしょう。手は私では無く、残りの方が私ですと答えるでしょう。では首が取れたらどうでしょう。首の方が私ですと答えるでしょう。では脳を取り出したらどうでしょう。脳の方が私ですと答えるでしょう。では脳を半分に切ったらどうでしょう。どちらが私でしょうか。脳を切り刻んだらどうでしょうか。どれが私でしょうか。脳の中のどの部分が私なのでしょうか。 そもそも、体の中の物質は、3年に一回全てが入れ替わっています。では、3年後の私は私ではなくなっているのでしょうか。 赤いとか熱いとか感じているのが私です。では、赤い熱いと言う感じは、物質でしょうか。赤い色は、心の外の世界には存在しません。物質の表面に当たって反射する光の波長が存在するだけです。 では、音はどうでしょうか。外界には、色々な波長の空気の振動があるだけです。私たちが感じている様な音は存在しません。 この様に、心が作り出したものを取り去ると、何も残りません。従って、赤い熱いと言った感じは、物質ではありません。幾ら科学が発達して、全てを見ることが出来る顕微鏡が出来たとしても、脳の中を覗いたところで、熱いと言う感覚を見ることは出来ません。触ることも出来ません。ただ、私が感じるだけです。物質ではないものを感じている私も物質ではありません。 私の感じている世界は、私が心の中に作り出したものです。心の外の世界がどうなっているか、私には全く知る術がありません。しかし、心は外界に出来る限り似せて、心の中に世界を作り出しています。 例えば部屋の中で、テレビを見ている様なものです。テレビは、実際の現場に似せて場面を作り出しています。しかし、決して現場そのものを見ている訳ではありません。あくまでも、テレビが作り出した場面を見ているだけです。 部屋の中にいる限り、外の現場を直接見ることは出来ません。 テレビを見ているのが私です。決して、テレビが私なのではありません。 テレビが壊れても、修理すればまた見える様になります。見ている私が壊れた訳ではありません。 もし、見ている私が壊れたのであれば、幾らテレビを修理しても元通りに見える様にはなりません。テレビを修理して、元通りに見える様になったと言うことは、私自身は何も変わってはいなかった事を証明しています。 同様に、もし病気で脳が壊れて、何も感じなくなったとしても、医学が発達して、脳を直す事が出来る様になれば、また私は前と同じ様に感じることが出来る様になるでしょう。 この事は、私は何も変わっていなかったことを証明しています。病気をしても、年を取ってボケても、そして死んでも脳を元の状態に戻せば、元通り感じることが出来るので、私自身は何も変わってはいません。 ただ脳が信号を送らなくなったので、何も感じなくなっただけです。テレビが壊れて直せなくなっても、新しいテレビを買えば元通りに見ることが出来ます。脳が死んでなくなっても、新しい脳が私に信号を送る様になれば、また元の通りに感じることが出来ます。 科学が発達し、かつて脳を構成していた、物質を掻き集めて、元の通りに組み合わせて、脳を作ったら、また、私は元の通り感じるようになるでしょう。 私自身は、生じるものでも無くなるものでもありません。穢れるものでも、清くなるものでもありません。増えるものでも、減るものでもありません。宇宙の初めから存在しており、宇宙の終わりまで全く変わらずに存在するものです。 死んだ後の状態は、生まれる前の状態と何一つ変わりません。何か違いを指摘できるでしょうか。 生まれる前の状態から、人は生まれてきました。死んだ後の状態から生まれることは、何ら不思議なことではありません。 「不生不滅不垢不浄不増不減」です。質問者さん、この様に脳が死ぬと精神である私に刺激を送るものが無くなるので、私は何も感じません。新しい脳がまた私に刺激を送る様になると、私はまた元のとおり感じる様になるでしょう。死んだら、気が付くと母の胸に抱かれていることに気が付きます。誰しもそうです。ですから、死んだ人にもまた次の生或はその次の生で出会えると考えます。詳細は、下記のホームページを参照下さい。死は突然に訪れます自分と言う存在は魂の方にあった事が解ります。肉体は貴方が動かすロボットのような物だったのです。肉体から霊体が離れて、自分は霊体の方に存在しているのが解ります。と言うのは自分が今まで寝ていたベッドの部屋の上から自分を見て、医師や看護師さんが下の肉体に慌ただしく何かをしている姿を見て自分が死んだ事を理解し死と言う物はこう言う事かとも理解します。死んでもしばらくはそのままの考え、思考力で魂として生きています。死ぬ5分前と5分後では何も変わらないと言います。その後、自分が死んだ事を認識しその事を色んな人に知らせようとしますすると思い出すだけでその知らせたい人の所に移動できる事が解ってきます。瞬間に移動します。そして、色んな人に自分の死を知らせて回ります。この時、受け取る側は「虫の知らせを受けた」とか言う表現の現象が起こっています。この時、時間も超えて移動できる状態にありますですから虫の知らせを受け取った時間が本人がまだ生きていたと言う現象も起こります。その後、時間も自由に移動できる事から過去に疑問に思っていた事も解決?意味を理解するなぜ、あの人は、あの時、私にあんな事を言ったか?等と言う事が理解出来るようになります。見たい物は、ほとんど全部見る事が出来なぜそうなったかと言う事や、他のほとんどの事が理解できる状態にまでなります。もうこれ以上見ておく物も無いと思うまでになります。そうすると、本人より先に死んだ人で本人がもっとも心の許せる人一番信頼できる人が、そばに来て「もういいですか?」疑問に思っていた事を全部解決しましたか?と言う意味です「これ以上確かめるものは無いですか?」「ついて来なさい」と言って手をさしのべてくれます。そして、その人と一緒に天国に行きます。この間こちらで言う所の49日と言う時間になりますがこの49日は正確では無いです。仏教がこの期間の事を目安として伝えただけです。この頃に死後覚醒が起こり肉体を持って生きていた時とは別の精神状態になって行きます。それまで歩んできた色んな人生を回想できるのもこの頃です。天国に行っても終わりませんここからが始まりです。天国の小学校の1年生に入学ですそこで、霊としての生活と勉強が始まります。生活は自分の望む生活で暑くも無く寒くも無く食べる物も着る物も何でも揃っている貴方が望む生活になります。高度に進化した文明では死後の世界が存在して自分の魂は永遠に存在し輪廻転生が起こっている事は常識になっていて子供の頃にしっかりと教育されるそうですよ!この先はまだまだ長いですのでこの辺で終わります。死後の世界の事を書いているサイトです。「500に及ぶあの世からの現地報告???」と言うタイトルの本です。死後の未知は恐くないけど暗い道に落ちてる犬のウンコは恐い。未経験ではあるが未知ではないので不安はない死ねば脳は活動を停止し脳の活動である意識はなくなり意識によって存在していた「私」は永遠に消滅する死んだ後のことまで心配しても仕方ないでしょ。自分の意識が無くなってしまうという恐怖はあります。でもそれって、肉体が自然に還る事でもある。自分は死後、この世界にあまねく広がって様々に形を変えて存在し続けるんです。生物や物は常に様々に形を変えて増えたり減ったりしているけど、地球の質量って変わらないですよね。石油はいつかは枯渇するのだろうけど、無くなったというより形を変えただけなんですよね。人間にとっては役に立たないかもしれないけど。全ては地球の一部。人も物も全て。自分も地球の一部として形を変えるだけです。命は不思議です。死んで確かめてみたいってくらい恐怖より興味が勝ってますそれは、恐怖ですね。何物にも勝る畏怖があります。未知への挑戦に気持ちがワクワクします。たっぷり力を蓄えてから赴こうと思います。恐くないけど、訪れる時期が早すぎるのも遅すぎるのも恐いな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です