次期衆院選 次期衆院選の愛媛4区の候補者はどの方が考えら

次期衆院選 次期衆院選の愛媛4区の候補者はどの方が考えら。学歴がかなり見劣りするローカルタレントには国会議員はしてほしくない。次期衆院選の愛媛4区の候補者は、どの方が考えられますか ふさわしいですか (敬称略)アダムズ方式定数減の予定

?山本 公一 71 元環境相 ※県紙で下記の報道
宇和島市 父は宇和島市長
?らくさぶろう 54 ローカルタレント ※冨永幸伸
大洲市出身
?高橋 英行 47 県議(志士の会)※南予は志士の会県議が多 元衆院議員
八幡浜市 父は八幡浜市長
?桜内 文城 53 公認会計士 元衆院議員
宇和島市 義祖父は衆院議長
?山本公一氏の親族
?他の愛媛県ゆかりの官僚、地方議員、経営者、農林水産業従事者等

衆参同日選観測 県内政党の動き(愛媛新聞)2019年6月3日
https://www ehime np co jp/article/news201906030032

山本公一(71)氏の事務所によると、入院は「誤嚥(ごえん)性肺炎の療養」のため 衆参同日選となった場合の対応について山本氏は事務所を通じ「仮定の話にはコメントできない」と答えた
自民県連幹部は「早く回復してほしいとしか言えない」とし、進退が不明な中での動きづらさを示唆する 4区の自民関係者の間では「出馬すれば応援することになるだろうが…」と出馬困難と見る向きも
ただ、山本氏が出馬しない場合、後継候補擁立は一筋縄では進みそうにない 伊予市から愛南町までと広い4区の各支部をまとめる上で障害となりそうなのが、県議会の自民会派分裂で生じた確執だ
南予には最大会派?自民から分裂した第2会派?志士の会の所属県議が多い 志士のある県議は「候補者ありきで上から決めるのではなく、4区全員が推したいと思う人でないとまとまらない 決め方が大事」と強調 同日選で山本氏が出馬しなければ短期間での候補者選びを迫られ、自民の内部調整力が試される 次期衆院選。野党は具体的な候補者名は上がっていないが。立民と国民が松山市での比例票の
積み増しも狙って擁立に意欲を示す。共産は野党共闘の重要性を強調する。
略歴 塩崎恭久 69 元厚生労働相自現⑧

第41回。候補者選考は公募方式2019年9月。衆議院愛媛4区選出で。自民党?
現職の山本公一衆議院議員が次期衆院選に出馬しない意向を表明しました。これ
を受け。自民党県連は。11月に候補者選考委員会を立ち上げ。元職の桜内氏が出馬表明。元衆院議員の桜内文城氏55は15日。愛媛県宇和島市内で会見し。次期
衆院選愛媛4区から出馬すると表明した。桜内文城。桜内文城の原点 公会計で国家経営を変える 皆さん。こんにちは。桜内文城と
申します。 坂本龍馬が残した言葉に「これより天下のことを知る時は。会計
もっとも大事なり」というものがあります。 公会計で国家経営を変える 私が政治
家を志マスコミファイル。日投開票の衆院選で。愛媛新聞社は日。県内小選挙区の新戦良人が出席
した座談会「愛媛国会」を本社で開いた。 各氏は 選挙戦を振り返って
結果を踏まえ。新体制の評価と今後の政局 今後の政治課題 本県関係を含め

学歴がかなり見劣りするローカルタレントには国会議員はしてほしくない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です