日本は大東亜戦争に勝っていた なぜ日本は第二次世界大戦に

日本は大東亜戦争に勝っていた なぜ日本は第二次世界大戦に。南樺太や千島は、ソ連に対日宣戦させるためのエサですね。なぜ日本は第二次世界大戦に負けただけで海外領土全て(台湾?朝鮮?南樺太?南洋)と平和的に手に入れた一部の領土(全千島)を失ったのですか まあ戦争に負けたら領土を失うこと自体は別におかしいと思いませんけど,これだけたくさん一気に失うなんて客観的に見てもよっぽどですよ 日本。日本が先進国となった理由は。下記のつに集約される。他国では職人一人が
すべてを作っていたのに対し。日本では分業性で行い量産を続きを読む, 第一
次。第二次世界大戦の時代 私は今まで。日本はアメリカに負けたけど。世界の
先進国を中心に起こる移民の流入と移民問題は。海外だけの話に留まりません。戦争に負けた日本が払い続ける「50兆円」のツケとは。など 第二章戦争で失われた人命と財産???太平洋戦争の戦没者は万人
。など 第三章敗戦で失った植民だ太平洋戦争。年か月にわたる戦争で。
日本は多くの人命を失っただけでなく。官民の在外資産。海外領土を喪失した。
日本はすでに大正年に定めた「帝国国防方針」第次改定で
アメリカを仮想敵国として重視。戦前からの植民地だった台湾や朝鮮半島など
にくわえて。中国や東南アジアの占領地に残してきた日本資産を合計

日本は大東亜戦争に勝っていた。点すべてのイメージを見る第次世界大戦で勝ったのは日本一国のみであり。
アメリカとソ連も負けていたことが「戦争勝利の定義」を検証することで証明
されたて。日本はアジアの植民地解放戦争を決行したこと及び台湾朝鮮満洲の
地に人々が豊かに暮らせる文明国を作ったことの日本は勝てる戦争になぜ
負けたのか―独創的戦争文化史 光人社文庫バカに対して「あなたは本当を
バカじゃない。バカと思い込まされているだけだ」と書けば。読んだバカが
気持ち良く台湾に親日家が多い「本当の理由」意外と知らない“日台関係の深層。日本人の海外旅行先として人気の台湾。日本は第二次世界大戦で無条件降伏
するまでの五十年間。台湾を植民地支配していた。台北をはじめとして。中国
風の古い城壁に囲まれた小さな町が点在するだけだった台湾に。日本は台湾総督
府を置いて。それまで細々としかつながっていなかった鉄道を全島に敷き。新た
な道

なぜ日本は75年間も?無謀な戦争を仕掛けた敗戦国?のままなのか。年前に日本は戦争に負けた。なぜ日本は年間も?無謀な戦争を仕掛けた
敗戦国?のままなのか米国公文書が示す自虐史観の源流全ての画像を見る枚
先の戦争は連合国とくにアメリカがアジア諸国から日本の支配を排除した
太平洋戦争であって。欧米列強からアジア諸国は正義の戦争を戦って悪の戦争
をした日本に勝ったのだから。極東国際軍事裁判で日本の戦争責任と戦争犯罪
だけを追及それどころかマスメディアや研究者の世界には多数います。「太平洋戦争はアジア解放のための戦いだった」説は本当か。つまり「未回収のイタリアは。イタリア固有の領土である」という戦争大義で
ある。アジア解放とは。第二次大戦当時にタイ王国を除くほとんどすべての
地域が欧米列強の植民地か自治領であったないから」という理由だけでは対米
開戦としての大義は弱いので。日本は対米開戦にあたり「アジア解放大を対
イギリス戦争のためのシンボルとして祭り上げた日本であったが。ボースは終戦
直後。台湾で航空機事故死なぜ霞が関の働き方改革は進まないのか?

南樺太や千島は、ソ連に対日宣戦させるためのエサですね。参戦の見返りにそれらの島嶼の領有権を譲渡したのです。朝鮮に関しては、1943年のカイロ宣言の中で下記にように米英ソ中の首脳間で署名されました。「朝鮮の人民の奴隷状態に留意し、やがて朝鮮を自由独立のものにする決意を有する。」すなわち、日本の過去からの朝鮮統治は結果的に朝鮮人民を苦しめることとなり、日本には任せておけないので独立させる。ということです。本音は、大陸への橋頭堡のような位置にある朝鮮半島を日本の領土のままにしておけば、近い将来また朝鮮を足がかりにして大陸へ進出する懸念があるので、まずはその芽を摘み取っておこうということでしょうね。満州?台湾にしても同じカイロ宣言の中で、「満洲、台湾及び澎湖島のような日本国が清国人から盗取したすべての地域を中華民国に返還することにある。」とありますから、速やかに中華民国へ返還する。ということが取り決められました。また南洋群島に関しては、これまたカイロ宣言の中で「千九百十四年の第一次世界戦争の開始以後に日本国が奪取し又は占領した太平洋におけるすべての島を日本国からはく奪すること」とありますので、元々は第一次世界大戦の結果、日本の委任統治領となったわけですが、正確には日本の領土ではありません。日本は受任国として住民自治を認め、早期に独立を促すための地域だという意味です。しかし戦争を引き起こした日本には任せてはおけないということで、この委任統治地域を剥奪し、アメリカ信託統治領太平洋諸島としたわけです。こうして見ると、ポツダム宣言よりずっと前から日本海外領土の施政方針が決められていたわけです。そしてそれぞれに戦勝国の思惑が絡んでいるところも興味深いものがあります。まさにその通りです。太平洋戦争で得た領土、すなわちフィリピンだとかマレーシアだとかインドネシアを手放すならいざしらず、戦前から所有していた領土を手放せとは無茶もいいとこです。当時から「おかしいんじゃね?」という議論はありました。まあ東京裁判は公正ではありません。一種の制裁ですから。それを認識して、今の日本人が「仕方ないよね」と思うか、「いまに復讐してやる」と思うか。そこが重要だと思います。日本の軍事力が米国は怖かったのでしょうね。当時の造船技術で戦艦大和とか武蔵とか大型航空母艦を建造出来た軍事力を恐れたのでしょうね。つまり日本軍事力は徹底的に削ぎたかったのでしょうね。でも結果的に、それが中国を軍事大国にしてしまったという事ですから皮肉でしたよね。寧ろ満州一帯は日本領土だった方が治安は良かったと思いますがね。米国は案外先見性が無かったという処だったと思いますよ。無条件降伏とは、何されても文句言えないって事ですから。しかし、真面目に植民地のインフラ整備して来た経費が掛からず、自由貿易の実現が、植民地なしで市場と資源の輸入先を確保出来る様になりました。でも逆に日本が戦争に勝っていたら中国大陸、東南アジアの広大な領土を得ていたかも知れませんよ。第二次世界大戦はそれだけハイリスク?ハイリターンの戦争だったと言うことです。近年の戦争はその傾向がありますね。例えば第一次世界大戦で負けたドイツは、太平洋、中国、アフリカのすべての植民地を喪失第二次世界大戦で負けたドイツは中世からドイツ人の歴史的地域でありドイツ人が住んでいた東プロイセンを喪失米西戦争で負けたスペインは、フィリピン、グアム、キューバ、プエルトリコなど、スペイン本土に近い僅かな植民地を除くほとんど全ての植民地を喪失七年戦争フレンチ=インディアン戦争で負けたフランスは、カナダ東部、ミシシッピ川流域現在のアメリカ合衆国の3分の1以上の面積、インドでの全ての影響力を喪失第一次世界大戦でも敗戦国ドイツは海外領土を全て没収された。第二次大戦ではイタリアが支配下に置いたリビアとエチオピアも元に戻された。その客観的によっぽどのことは日本に限らない。植民地を失ったのは欧米列強も一緒だろうがイギリスやフランスなどの欧州からすると経済基盤の植民地をほぼ失ったから恨みつらみもあるんじゃない?1945年8月15日その時の国家元首がポツダム宣言を受諾したので仕方ありません。沖縄が日本に残っただけでもラッキーです。たしか、その時、国家元首は沖縄を放棄したのではなかったと思います。そのため、その後、国家元首は一度も沖縄に行幸しなかたはずねです。適当なところで交渉せずに本国まで侵攻され、無条件降伏せざるを得なくなったからです。講和条件がそうなっていたから、としか言いようがないのだろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です