延命治療とは 胃瘻なんか やめるべき 延命医療を 寝たき

延命治療とは 胃瘻なんか やめるべき 延命医療を 寝たき。もし自分の親が終末期になった場合の事を考えて、親が元気なうちに話し合っておく必要があると思うのです。胃瘻なんか やめるべき 延命医療を 寝たきりの 後期高齢者に する意味はない というか 日本の医療保険 医療機関が いずれパンクする 欧州にはいない 寝たきり老人 日本には多い 医師で作家の方 終末期医療のあり方 について もっともっと 社会に訴えてもらいたい やっぱり ポックリ死にたいと 生前願っていた人は 願いが叶って 苦しまずに 逝っているようです 昔は延命治療なんか なかったのに 全国の病院が パンク寸前になって ようやく 家族に問われるようになった 胃瘻 昔は 老人が食べられなくなったら 自然に 無理して食べさせなかった だから 枯れるように 穏やかに逝ったと言う 高齢になってからの 死を忌むべきことと 思わないことだ 人生を全うした老人の 死≠忌む 死は忌むべき事ではない延命治療の必要性について。老人ホームをはじめとする介護施設で。高齢者が死期を迎えようとしている場合
。その対応をどうするべきかは非常に難しい問題の一つです。 人間は誰しも。
高齢者の延命治療について考える時に外せないのが。胃ろう設置についての判断
です。胃ろうの是非や終末期医療費。後期高齢者医療制度。そしてリビング
ウィルについて…と様々例えば。米国では脳死状態になったら。日。日後に
は医師は家族に人工呼吸を継続するか。やめるか確認するそうです。

延命治療とは。家族の余命がわずかになると。医師から延命治療をするか決断を迫られる時が
あります。今までの延命治療は医療機関が患者の意思や希望をあまり確認せず
。医療技術を駆使して延命してきました。命が尽きる前になると。体が食べ物
を受け付けず自然と食べなくなりますが。家族としては何か栄養を与えることを
してほしくなります。胃ろう造設には週間ほどの入院期間が必要で。歳
以上の後期高齢者であればヶ月の入院自己負担金上限額は割負担の医療法人ゆうの森。胃ろうをする?しない?-さとしさんの場合 さとしさん歳。仮名は。脳梗塞
を何度も繰り返し。寝たきり状態と奥さんも高齢でしたが。近くに住んでいる
次女が毎日のように訪問して介護の手伝いをしており。県外に住んでいる長女も
頻回に帰ってきていましたしかし。さとしさんは。もう何度も脳梗塞を起こし
てきて長年療養をしてきたので。ご家族は胃から無理矢理栄養を注入して延命
する

専門家が回答親の終末期。家族としては。つい何か栄養を与える延命治療を行ってもらいたくなります。
高齢者が病院に入院した時や老人ホームに入居の際に。「延命治療に関する意思
確認書」や「終末期医療の事前口から食べられない親の姿を目の当たりにした
とき。家族はどうしたらよいのかを考えると。胃ろう造設の選択高齢者終末期医療。また。重症の寝たきりでない高齢者でも一次的に食事の経口摂取が不能に陥る
ことがある。急性疾患による北欧などでは口から食べられなくなった高齢者を
経管栄養で延命させることは少ないと聞いている。経口摂取不能③終末期医療
では。患者の生活の質 。の維持。向上に最大限の配慮がなされ
るべきである。 ④終末期のこのような段階に至ったとしても。近年は胃ろう
など経管栄養の普及により。本人の意思にかかわらず長期の生存が可能となって
いる。

終末期の事前指示書。/水 。4つのあるべき未来/金 経済分析に利用広がるテキスト
マイニング/月 緊急事態宣言。厚生労働省『平成年度 人生の最終
段階における医療に関する意識調査結果』2によれば。「人生の最終段階
胃瘻は。口から栄養を摂取できない高齢者に対して最も普及した延命措置とされ
ている。胃瘻造設者の割は寝たきり状態にあり。胃瘻を造設することは
本人の意思を反映していない可能性があることも明らかになった。高齢者への“安易”な胃ろう造設に反対。倉氏が述べた通り。適切な胃ろうの造設とケアおよびリハビリテーションが今後
の日本における高齢者医療の重要な道標となり。胃瘻ははっきり延命治療で
ある内容が割で。残り割は若い方にはある程度の効果は評価出来ます。しかし
。寿命だけはなぜ日本人が重視するのか分りません。まず。意思疎通も出来ない
寝たきりの経管栄養はやめるべきです。これについて何かシステムや
ガイドラインが必要というなら。この策定こそ考えるべきものであろう。

胃ろう「無意味な延命」の考え根強く。胃ろうは。口から食事を取れなくなったとき。胃に小さな穴を空けて栄養剤を
直接注入する「人工栄養」。姉は食が細くなって衰弱し。ほぼ寝たきりだった。
日本老年医学会は同年。高齢者の終末期における人工栄養について。始める際
は慎重に検討し。差し控えや中止も別府医療センターの松本敏文医師は「胃
ろうは悪者というイメージが。医療や介護従事者にまで広がっている」

もし自分の親が終末期になった場合の事を考えて、親が元気なうちに話し合っておく必要があると思うのです。親が元気だからと甘く考えている人が今の時代多いのです。今は元気でもある日突然何か起こるかもしれない。私はそういう認識を持っていたので、 そういうエンディングノートは親が元気なうちから、毎年作成していましたね。毎年親とは話し合い しましたよ。その方が親も思い通りになりますし子どもの立場としても 悩まずに済みます。両親が元気なうちに 両親の終末期の話をしておくべきです。主人が、脳幹部の脳腫瘍で嚥下不良?呼吸困難にて…現在経鼻栄養?人工呼吸器で…でも、意識レベルが良好で新聞も読めます。気管切開している為会話できないですが、左耳の聴力も無いですが余命宣告で意識あり3ヶ月その後で6ヶ月…今、3ヶ月過ぎました。生きて居て欲しいと思うもは、イケナイもでしょうか。昨年の今頃は、今の状況が思いもよらない程、普通に生活していました。今、68歳です。後期高齢者まで、生きて欲しと願うのは、イケナイのでしょうか。医療費?年金?老後…。世界の新コロナウイルスの影響で…世界人口が…地球上で人類が生活できる人口まで70億から40年まえの35億まで半減するのでしょうか?抗生剤を点滴して認知症でなんども針を抜いたりミトンを着けられて触ることがなくしたり炎症が収まったら帰り、また感染をおこしてすぐ病院にくる寝たきりの高齢者の治療にも疑問です。看護師をしていますが、私はなんのために看護師になったのか。毎日疑問に思いながら仕事しています。上について同感です。抑制されての抗生剤…本人が望むのかと…私の母はしました。アルツハイマーでしゃべったり出来ませんでした。でも、病院で鼻や口から入れているチューブをとるかイロウかどちらかと言われてら生きてるのに殺せますか?。母は数年生きていましたが、生きてくれていれるだけで嬉しかったです。亡くなったらつくづく思いました。胃瘻は、確かに可愛そうですT_T個人的意見ですが、胃瘻はしないで静かに、枯れて眠るように死なせてあげた方が良いと思います。私も、その立場になったら、しないで欲しいと思うし、安楽死を認める法案を出して欲しいです。老衰でなくても、末期ガンで余命数か月になったら、ホスピスで静かに死を迎えたいのに、保険がきかないから、高額の支払いを求められる、これはおかしいです。保健では最低のガン治療しか出来ないし、治療をしないホスピスは保険がきかない、かと言って、安楽死はダメ!これでは、お金の無い奴は苦しんで死ね!と言ってるのと同じです_施設に入れて他人任せ、寝たきり、意思疎通が出来ないその様な高齢者に胃瘻、高栄養静脈点滴を希望する家族にはとても疑問です。90歳過ぎた男性は戦争に行っているので年金がとても多いです。ご主人が戦争に行っていた妻も遺族年金はとても多いです。年金が目的?と思ってしまいます。あるご夫婦が90歳過ぎのお爺さんを病院に救急搬送した時、医師に延命でも何でもして絶対に死なせるな、と言ったそうです。人間にとって、医療の向上が必ずしも良いことかどうか解かりませんね。その通りと思います。今は、胃ろうについて知識が普及してきて希望するご家族も少なくなりましたが、胃ろうに限らず寝たきりの方をみているとここまで人は死ねないのかと怖くなります。寝たきりの方は、認知症だったり廃用が進んでいて話せない方も多いです。痩せて顔も変わります。一日寝ているだけなので認知症も進み家族のこともわからなくなります。そして、家族の足も病院、施設から遠退きます。病院はすでにパンクしています。高齢者の退院できる高齢者も家族の都合で帰れない方がたくさんいて、入院の受け入れができないこともあります。むしろ、抗生剤を点滴して認知症でなんども針を抜いたりミトンを着けられて触ることがなくしたり炎症が収まったら帰り、また感染をおこしてすぐ病院にくる寝たきりの高齢者の治療にも疑問です。看護師をしていますが、私はなんのために看護師になったのか。毎日疑問に思いながら仕事しています。日本の未来を考えると延命医療は首を絞める行為なのかもしれないけどそれでも家族はどんな状態でも生きててほしいと思ってしまうんですよね誰もが出来れば老衰で痛み苦しみもなく穏やかに逝ける事が希望だと思います。今年の事ですが、意識の戻らない祖父の延命するかどうかの決断を迫られた時、父が祖父は痛いのが嫌いな人だから痛みだけはないようにしてやって下さい。とあとは本人の体力に任せますと??人の命の決断って難しいです。主さんも自分の家族ってなったら心は延命を望みたいと思うんじゃないかなぁっと??日本の未来か目の前の命か???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です