多言語教育の必要性と 台湾語は昔のおじいちゃんのばぁちゃ

多言語教育の必要性と 台湾語は昔のおじいちゃんのばぁちゃ。台湾人の6~7割が話す方言です。台湾語は昔のおじいちゃんのばぁちゃんが話す言葉ですか 28。台湾は昔。日本が統治していた時代があり。お年寄りのなかには。日本語を流暢
に話す方がいます。おばあちゃんは中国語がわからず。私は台湾語中国語
ではなく。台湾で古くから話されている言葉が話せないので。二しかもその
おばあちゃんは。学校で年間だけ日本語を習い。あとは忘れないように。家で
おじいちゃんと日本語で会話するように努力していたというんです。多言語教育の必要性と。郭さん。諸岡さん。ちなみに何回か台湾にいらっしゃいまして。台湾のどこが一
番好きですか?郭さん。ごはん食べること=幸せなこと。無事なことなので。
挨拶言葉は「呷飽沒ジャパーベ」と言うのがありますね。か。上の人が。
北京語を喋れないおじいちゃん。おばあちゃんがいる。だから台湾語なり
先住民語とか。インドネシア語とかベトナム語は。英語同様に大事にすべきだ
という文化の許容がよくされているのが台湾独特の文化だと思います。

中国語で家族?親戚の呼び方。日本人にとって複雑に感じる呼び名が多いですが。中でも両親や兄弟姉妹の中国
語は覚えやすいです。名称書き言葉は正式な場面や目上の方と話すときの
改まった言い方。呼称話し言葉は普段友達と家族について話すときの砕けた
言い方をイメージして家族のことを話す時には必須の言葉。おじいちゃん?
おばあちゃんの表現は。話し言葉と書き言葉で異なる以外に。父方?母方でも
変化します。最近。あなたのお婆さまはお身体いかがですか?台湾華語と中国普通話の違い:おじいちゃん。北京語だけでも大変なのに。方言によっても色々違うので。更に複雑になります
。 当然。台湾の中国語華語と中国の中国語普通話の間にも。様々な違い
があるのです。その中から。今日はこの言葉をご紹介。 日本語/

台湾人が話す中国語「台湾華語」ってなに。①中国語→②台湾語→③客家語→④英語の順番でアナウンスされているのを
ご存知ですか?台湾語といえば。おじいちゃんおばあちゃんなど年齢が上の人
ほど台湾語を使っているイメージなので。南部を旅行中に。小学生くらいの子供
たちが台湾語で会話をしてという質問も受けるのですが。「広東語」は中国
広州や香港に住む方々が話す言葉ですので。台湾ではまず通じません!台湾で使われてるのは台湾語ではありません。台湾では台湾語が使われている 意外にも多くの日本人が思い込んでいることです
。うちの店の台湾人スタッフに聞いたところ。おじいちゃんおばあちゃんが
よく台湾語を使っているそうです。 スタッフはほとんど代の若者ですが「台湾
語を聞き取ることはできても話すことまでは難しい???」と言ってまた小姐
おねえさんという言葉。これは台湾ではレストランなどで店員を呼ぶときに
使う言葉です。てか台湾人でも南部行けば台湾語ってわかってる

台湾では何語を話してるのかな。台湾で話されている言葉は。中国語なんですが。台湾では「國語」国ではなく
て國ですね。それで。子供たちは台湾語が話せなくなり。國語がわからない
おじいちゃん。おばあちゃんと孫

台湾人の6~7割が話す方言です。今でも話されています。台湾語を話す層は区切りにくいですがものすごくおおざっぱに年齢と地域で分けると、年齢なら年配の人、地域なら中部~南部のほうが多いです。でも「昔の」おじいちゃんおばあちゃんだけが話す言葉ではありません。南部とかだと若い子でも普通に使って生活してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です