変わらなきゃ 今回 日産のゴーンが逮捕された件で GTR

変わらなきゃ 今回 日産のゴーンが逮捕された件で GTR。ご存知の様に日産の実質的な親会社はルノーで、そのルノーの筆頭株主はフランスです。今回 日産のゴーンが逮捕された件で GTRの 開発 フルモデルチェンジ 継続販売 等 今後 どうなるのか 意見を聞きたいです GTRの販売が近い将来無くなるような気がします ① ヨーロッパで人気のあるGTRですが 電動化が進む ② GTRの開発に莫大な費用がかるのに 販売台数が 2016年以前は 年間 500?600台 2017年は1100台予想 ③GTRの開発を推進していたゴーンに対して社内に 反対派が多くいる 等の理由でGTRの廃止が考えられますが 皆さんは 如何考えますか日産ゴーン会長逮捕。日産自動車は日。代表取締役会長のカルロス?ゴーン容疑者が金銭を
めぐる不正行為を行ったとして東京地検特捜部が併せて。ゴーン容疑者と共に
逮捕された代表取締役のグレッグ?ケリー容疑者も不正行為に「深く関与
していた」今回の発表で。この戦略は壊れてしまったようだ。

ゴーン容疑者の功罪。日産の救世主であり。年月。金融商品取引法違反容疑で東京地検特捜部に
逮捕された。カルロス?ゴーン日産自動車の前会長。 年に日産自動車の
そしてその年に。水野和敏さんに白羽の矢が立てられ。の開発が
スタートする。 関連記事ゴーン前会長は。年に「グローバルな日産
のシンボルとして。年に-を復活させる」と宣言。ゴーン前会長被害者は誰か。今回の一件でカルロス?ゴーン氏とその側近だけが悪者になり。「日産は被害者
」という見られ方をしたその筆頭が年に発売された-。世界最高峰の
走行性能を持ち。現在の日産を。もっといえば日本車を代表するブランドとなっ
た 年頃。日産の開発者のひとりに「開発者やデザイナーはほとんど変わっ
ていないのに。どうしてクルマづくりが急によくなったのか?

カルロス?ゴーン。日産再生に辣腕を振るったゴーン前会長がもたらした「光」と「影」に迫ります
。その男が11月。東京地検に逮捕され。日産会長の座も追われた。翌年。
13年ぶりにフルモデルチェンジして発売し。日産再生のシンボルとなった。
れていた「スカイラインGT-R」の後継車「GT-R」も07年に発売し。
納車まで数カ月待ちの人気となった。自動車メーカーを頂点に部品メーカーが
ピラミッドのように連なり。協力し合って開発や生産を進める「ゴーン氏逮捕で“どうなるニッサン。浮いた高額報酬は国内向け車種の開発費に充て。海外市場偏重で手薄な国内販売
体制の強化を実施して欲しい。日産のカルロス?ゴーン会長が。有価証券報告
書に虚偽記載を行った疑いで逮捕された。年度から年度までにカルロス
?ゴーン氏が賛否両論あるが???日産字回復や。?-復活の功績は
大きい実際国内の日産販売店を取材していると。キューブのフルモデル
チェンジやコンパクトミニバンの新型車投入を要望する声は大きく。

「変わらなきゃ。長く日産のトップに君臨してきたカルロス?ゴーン氏の逮捕劇は。自動車業界に
限らず大きな衝撃を与えた。会見の翌日。本件が国内例目の司法取引の事案
であることが明らかになり。違和感は少し緩和されたものの。スペシャル
ティーカー「フェアレディ」の復活や高性能モデル「-」の開発。電気
自動車への集中投資今回の事件で対象になっているのは年月期
から年間の報酬で。有価証券報告書には毎年億円前後が記載されていた。「日産。三菱重工。旅客機開発凍結が物語る日本製造業の「ゲンバ」崩壊日産自動車元
会長のカルロス?ゴーン容疑者の国外逃亡を手助けしたとしてアメリカで逮捕
された親子2人について。弁護団そんななか。三菱自動車は今回の決算…
フルモデルチェンジで「コンセプト」を「激変」した国産車選新型-情報
入荷!!

ご存知の様に日産の実質的な親会社はルノーで、そのルノーの筆頭株主はフランスです。で、そのフランスは2030年から段階的にガソリン、ディーゼルエンジンの国内販売を禁止するし、2050年までにはカーボンニュートラル排出二酸化炭素がゼロを目指すとマカロン大統領も公言していますそんな中で日産が仮にハイブリッド技術を搭載したとしても、内燃機関がある以上、二酸化炭素排出になるので、ハイパワーのGTRを販売するとは到底思えませんので、GTRは廃止ですね。まあ、逆にルノーとの縁が完璧にl切れればフランスの横ヤリが入らないけど、今の世間情勢、適応する技術を考えると、日産には電気自動車で航続距離の最長距離、なおかつ最速を目指す様な車としてGTRを開発して欲しいですね。今、開発は社内で完全に止まっています。ネックは膨大な開発費と内燃機関と電動化の端境期で、コンセプトの維持が困難であることです。いろんな情報が飛びかっていますが、イメージ図などは全部憶測で全く根拠はありません。ただし、日産がGTRブランドを捨てることはなく、市場的な動向も考慮して、模索中であることには変わりありませんが、2020年頃のニューモデルの発売などは完全にフェイクニュースです。強行できる人が?居ますか?d ̄  ̄このタイミングで☆延命→終了?と思いますよ独立しなきゃ→自由な開発は?出来ないと思いますし開発する?余裕がある?とは思えないそもそも…国内は→ノート」とセレナ」しか?話題にのぼらない?のですからGTRやZに→振り分けられる予算が?あるとは思えない今後の環境規制を考えると、純ガソリン車で出ることはないでしょうね。フェラーリの一部機種もホンダのNSXもハイブリット化しましたし、ハイブリッド等の電動化されないと発売は難しいでしょう。日産にはEV技術はありますが、ハイブリッド技術が無いので、他社の特許を買うか、特許切れした技術を使うかしないといけないとすると、フラグシップモデルに他社の技術や、古臭い技術では「技術の日産」の名が廃ると考える可能性も否定しきれないので、EVで作れないのなら、次期型は廃止で、現行モデルを規制に合致できなくなるまで、小変更で作り続けて消滅というのが現実的かな。32型スカイラインGT-Rの時から言われてますから、何だかんだで開発継続の様な気はします。しかし、独立した車両になってから開発スパンが長過ぎてファンなら心配でしょうね。私は、スカイラインGT-Rとしての開発を希望します。やっぱり、GT-Rはスーパーカーではなく、ポルシェ911をカモれるGTカーであって欲しいと個人的には思います。ゴーンがどうのというより、社内体制の安定が取り戻されるまではこの手のクルマの次世代予算はつかないでしょうね。ああいう企画は経営的観念からでは正当化しにくく、社内の圧倒的強者が支持する状態を実現しなきゃなかなか進まないんですよ。この後の日産は経営の主導権争いが激化することは避けられそうにありません。日仏両国政府、ルノー、日産のそれぞれの意図が絡み合ってややこしい状況が続くでしょうからね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です