問題lim 問 極限値limx→0 {e^x^2} 1/

問題lim 問 極限値limx→0 {e^x^2} 1/。expx^2。問 極限値lim(x→0) {e^x^2} 1/xlog(1+2x) を求めよ 上記の問題で、写真のように変形してf(x)=e^x g(x)=log(1+2x)とすると(与式)=f‘(0)/{g’(0)×2}という形にして考えようとしたのですが、f’(0)=1、g‘(0)=2 で答えが1/4になり、解答(1/2)と合いませんでした 解き方のどの部分がどのように間違っているか教えて頂けると幸いです よろしくお願いします (写真が見づらくてすみません)数学の極限の問題です。解き方教えて下さい!ロピタルの定理を使わずにお願いします→
++^^/これと似た極限の公式で^を除去したものたいすうの
逆演算の指数をとると。=となる。# に書いたやつよりもっと直接的
に = ^ – ^ とおくと &#; = ^ – ^ だからこの極限は &#; =
→∞ ^の極限値は どのように求めるのですか? 高校

xlogxの極限,グラフ,積分など。× ? ∞ / -/ ×?∞ の不定形です。僕は「対数関数よりも多項式の
ほうが影響力が強い」と覚えています。この公式の二通りの証明を解説します。
証明 = =/{}{} =? とおくと, ? → +大学入試によく出る極限の問題。不等式の証明の次の問題が極限を求める問題の場合は,証明した不等式を利用し
てはさみうちの原理を利用することが多いです。また,その極限を解いて
みよう。 有名な極限の問題 のとき,√ が成り立つことを示せ。
→∞ を求めよ。=?=?∵xlogxの極限,グラフ,積分など。関数=の→での極限,導関数,グラフ,不定積分など覚えておくべきこと
を整理しました。三角関数 指数?対数関数 二次曲線 極限,微分 積分 場合の数
グラフ理論 整数問題 集合,命題,論証 数列 データの分析,の極限
→+= ×?∞ の不定形です。僕は「対数関数よりも多項式のほうが影響力
が強い」と覚えています。この公式の二通りの証明を解説します。これと
→+=,=? に注意するとグラフは図のようになる。

eの定義。の定義の関連事項と,これを使った極限の問題を扱います.例題と練習 の
定義は指数?対数関数の微分で,対数関数の微分をするときに登場しました.
なぜ上の極限が有限の値に収束するかは,若干レベルが高いので,下に格納しま
した. =→+ = → ? + 例題と練習
問題 例題 例題 次の極限値を求めよ. →+ → +問題lim。今回の極限について。→ ではあっても。/→∞ より。分数式全体としては
やはり不定形ですので。極限値が に>++/ の有名不等式の両辺を
で割ってその後。追い出しの原理。→∞ で →∞ /→∞ を導き。

expx^2-1/x log1+2x=1/2× expx^2-exp0^2/x^2-0 ÷ log1+2x – log1+2×0/2x-0 なので、示された計算式は合っているから、極限をとったときに各因数の計算を誤ったのではないかと思われる。各因数について x → 0 としたときの極限を考える。lim[x→0]1/2=1/2lim[x→0]expx^2-exp0^2/x^2-0=lim[y→0]expy-exp0^2/y-0 # y=x^2=exo0=1lim[x→0]log1+2x – log1+2×0/2x-0=lim[z→0]log1+z – log1+0/z-0 # z=2x=1/1+0=1と計算できるので、結局、所与の極限の式は 1/2 に等しい。あなたの回答の g'0 が誤っているというよりは、所与の式が f'0/2g'0 に等しいと考えたのが誤りで、g'0 の定義はg'0≡lim[x→0] log1+20+x – log1+2×0 /xなのだから、分母をよく見ると誤った点が分かるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です