南太平洋海戦 南太平洋海戦で空母ホーネットが曳航されて日

南太平洋海戦 南太平洋海戦で空母ホーネットが曳航されて日。日本海軍が?喉から手が出るほど欲しいのが空母用??????と対空??????????の艦長が総員退艦命令を出した時?どの程度?破壊して行ったかだね。南太平洋海戦で空母ホーネットが曳航されて日本に回航されたとします 漂流しているホーネットの火災の鎮火が早期に成功かつ曳航できるだけの艦艇があり、宇垣少将の命令通り拿捕された場合、ドゥーリットル空襲の報復としての晒しものだけでなく、その後日本の空母として改装?運用は可能だったでしょうか 英霊の本日の出来事。日本軍は米空母隻を撃沈。米空母隻を大破させたが。日本空母隻も大破?中
破隼鷹」に移し。駆逐艦隻電。磯波に護衛されてトラック泊地に回航
された。重巡洋艦「ノーザンプトン」が依然航行不能であった「ホーネット」
の曳航を開始日本軍は軍令部や大本營を含めて本海戦で大勝利を収めたと信じ
。ガダルカナル沖の激闘空母の歴史8。一方。南太平洋の珊瑚海海戦の結果。日本軍の進出がとまったのは一時的現象に
すぎなかった。ミッドウェー海戦の結果。指揮下の空母四隻のうちから「
エンタープライズ」「サラトガ」修理完了後に新編入および「ワスプ」
大西洋から回航の三隻を南太平洋部隊に充当できた。低空で飛んできた日本
の雷撃機は。戦闘機に圧倒されて。一機も防御圈を突破できなかった。六日後
。今度は「ホーネット」が日本潜水艦「伊号十一」に雷撃されたが。かろうじて
回避した。

南太平洋海戦?空母「ホーネット」の拿捕が成功していたら。そうしているうちに日本艦隊が接近してきたため。米駆逐艦は「ホーネット」を
残して退避します。 大きな損傷を受け放棄された航空母艦「ホーネット」出典
。南太平洋海戦。南太平洋海戦 戦闘経過 北方より進出する日本艦隊と南方より進出するアメリカ
艦隊が会戦した日本海軍の海戦参加部隊これを受けて空母隼鷹から発進した零
戦機。九九艦爆機攻撃隊指揮官志賀淑雄大尉はガ島ヘンダーソン飛行場
を空襲で日本に衝撃を与えたホーネットを捕獲しようと試み。「事情許さば。
拿捕曳航されたし」と前進部隊に迫った。高雄。隼鷹。飛鷹〉。機動部隊〈
比叡。霧島。利根。雪風。天津風。照月。浜風〉。内地回航空母〈翔鶴。瑞
鶴。

海底に眠る米空母「ホーネット」の太平洋戦争。アメリカの空母「ホーネット」は。就役わずか年で沈んだ第次世界大戦期の
艦艇です。パプアニューギニアのポートモレスビー攻略を企図する日本軍を
阻止すべく。オーストラリア北東の珊瑚海へ向け月日には真珠湾を出撃し
ますが。戦闘が発生した月日に南太平洋海戦で「ホーネット」に襲い掛かる
式艦上爆撃機。その下に魚雷投弾後の回避行動をとる式艦上攻撃機。
エンタープライズ」から撮影された「ホーネット」画像。アメリカ海軍。歴史事件簿南太平洋海戦下「鉄がここまで燃えるものか。ホーネットに魚雷を投下した直後に被弾し。そのままホーネットに突入した
という。 ちょうどそのころ。翔鶴がアメリカの攻撃にさらされていた。日本の
空母を発見できないアメリカ攻撃隊は。比叡や

日本海軍が?喉から手が出るほど欲しいのが空母用??????と対空??????????の艦長が総員退艦命令を出した時?どの程度?破壊して行ったかだね?※ ?空母用???????が有れば?搭載機数も大幅に増やせたし?風上に全速航行せねば成らない制約も無く?軽空母からも大型重量機の発艦が可能で有効活用できた?CG動画32分 激闘 !“南太平洋海戦” 昭和 ■ 日本海軍は↓一番肝心な“空母用??????”を実用化できなかった?動画:水線下に雷撃10発以上受けてる艦は日本では修理にとてつもない時間がかかりますおそらく雲龍型を建造しているドックのどれかを中断しての修理になりますが、炎上したあと沈下した機関というのは基本的に全とっかえしないといけないのでおっしゃるような使い方はほとんど不可能でしょうあまりにも壊れすぎた機械というのは直すには新造より手間がかかりるのですミッドウェーで日本は空母4隻失い、1隻でも多く空母欲しいと思っているので、日本の空母として修理すると思いますね。たとえ完全に修理できず、甲板や格納庫が使えて動きさえすれば。補助空母としての役割はできますし、輸送船も不足していますから、囮用に使うよりも陸海軍の航空機や物資を積んで輸送船代わりに使った方が良いでしょう。無理要素が多すぎ。第一に南太平洋開戦の戦地から日本本土までどれくらいの距離が有ると思っているのか?それだけの距離をでっかい空母を曳航した状態で鈍足の航行を護衛ためにいったいどれだけの艦船や人員を危険に晒すことになるのか?仮に万が一にも運よく日本本土まで曳航できたとしても、大破炎上した敵側の空母を運用可能な状態に戻すまでにどれだけの費用と時間を要すると思っているのか?製造国が違い運用する軍隊が違う船をその仕様のままで運用できるわけも無いし、修理するにしても同じ補修部品が入手できるわけが無いので全てを日本海軍仕様に変えねばならず、それにどれだけの金と時間がかかると思っているのか?一般的にポンコツを元に戻すのは新造するよりコストがかさむと言う事を知らないのか?わざわざ何千キロもの距離を曳航してきて、とりあえず動くだけの状態に戻すだけでも莫大な金と時間と手間をかけたものを使い捨ての囮程度に仕えるほどに当時の日本を金持ち国家だと思っているのか?仮に上記条件を全てクリアして日本海軍に編入できたとしても、アメリカ側も当然元ホーネットだと分っているので、実戦に運用したら米軍がムキになって集中攻撃してきて真っ先に潰されると思わないのか?確かに当時の帝国海軍は高性能レーダーとカタパルトを実用化できていなかったので、それらの技術は喉から手が出るほど欲しかっただろうが、たったそれだけのために何千キロもの危険な曳航をするだけの価値が有ると言えるのか?壊れたプラモデルやラジコンの船をぶんどって修理するのとはわけが違うのだから、幼稚な妄想が入る余地など全く無いと言えると思うが?駆逐艦スチュアートの事例がありますからねぇ1年位かけて修理した上で運用したかもしれませんドイツ商船を新鷹に改装する時も造り方や備品が違って 苦労しているので、大破状態で図面もないシステムも違う船を修理することも改装することもとんでもない工数が掛かります。殆ど船体以外は使えないと思うので、解体して資材を使った方が有効になったと思います。ただ、アメリカ空母の高靱性や格納庫や居住空間の工夫やレーダー、カタパルトなどの備品は残っていたでしょうから 技術的収穫は大きかったと思います。使えるのは船体だけ、それ以外は全て日本海軍仕様に変えなければなりません。損傷を修理してそれらの工事を施すなら 艦を一隻新造する方が早いと思います。いえ、もうそれだけの鉄や資材が゛なかったでしょう鉄など砲弾づくりが先でした。物量戦で負けたのです。ほぼ全損状態であることが予想されるので、伊勢型戦艦の完全空母化に近いかそれ以上の資材と工数が必要となるでしょう。となれば天城や葛城のように間に合わないか伊吹のように完成しない、或いはそれを予見し諦めるというのが妥当な線かと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です