北陸新幹線 北陸新幹線は長野経由とありますがそのうち長野

北陸新幹線 北陸新幹線は長野経由とありますがそのうち長野。ええっとですね、、、結構、面倒くさい話なんですよ。北陸新幹線は長野経由とありますが、そのうち長野を経由しない北陸新幹線も登場するのでしょうか 北陸新幹線。北陸新幹線は。上信越?北陸地方を経由して東京都と大阪市とを結ぶ計画の整備
新幹線です。 年平成年月日に長野 – 金沢間が延伸開業し。同日
現在の開業区間は東京 – 高崎 – 長野 – 金沢駅となっています。 そのうち。東京 –
大宮間は東北新幹線と。大宮 – 高崎間は上越新幹線と共用しています。 なお。
金沢駅 – 敦賀駅間が年同様の例として九州新幹線新八代駅 – 川内駅間
並行在来線は肥薩おれんじ鉄道に移管があります。 線路名称公告に記載され
ている北陸新幹線。全国新幹線鉄道整備法に基づく「北陸新幹線」が正式な名称だが。東日本管内
の首都圏の駅を中心に案内表示や時刻表などで「北陸新幹線長野経由」と
表記する。長野新幹線という呼称が定着しているため。長野県は

北陸新幹線?金沢延伸で都市間競争が激化。平成年月の北陸新幹線?金沢延伸を目前に。石川県。富山県や新潟県。長野
県では観光を中心に活発な取り組みが展開されている。が困難になると想定
され。北陸新幹線が全線開通すれば。そのうち万人の輸送を代替できると北陸
経済連合会は試算している。内訳は。越後湯沢経由で上越新幹線と在来線を
使って首都圏と北陸を往復する約万人が北陸新幹線を利用し。新潟県からは
北陸新幹線開業の影響で。上越新幹線の利便性が低下しないことが強く求められ
ている。北陸新幹線。現在の「長野新幹線」の名称が定着しており。「長野」の表記をなくすと利用者
が混乱する可能性があるため。残すことを決めたという。 また。東京-金沢間の
運行体系は停車駅を少なくして早く目的地に到着する「速達タイプ

JR北陸新幹線長野経由の路線図。JR北陸新幹線長野経由の路線図を地図に表示します。停車駅と運行情報が
あります 運行状況を見る/迂回ルートを探す 東京周辺施設時刻表ここから
乗る 乗換路線 運行情報あり JR東海道新幹線 運行情報あり JR横須賀線 運行

ええっとですね、、、結構、面倒くさい話なんですよ。北陸新幹線の長野までの開業は、平成9年199710月で翌年2月に行われた長野冬季オリンピックにあわせたものでした。このとき、この新幹線の呼称で長野県と石川県、富山県と揉めたんですよ。というのは、昭和62年19874月に旧国鉄は分割民営化がされたのですが、旧国鉄の累積赤字が膨大になり、民営化から遡ること5年前の昭和57年に、閣議によって北陸新幹線を含む整備新幹線の計画を凍結する決定がされたのです。昭和62年1月に整備新幹線建設の凍結解除が閣議決定され、北陸新幹線の建設に道が開かれたのですが、建設費削減のために、運輸省から案がいくつか出されたのですが、軽井沢ー長野間をミニ新幹線による建設にするというものも出てきたのです。ところが、1998年の冬季オリンピック?パラリンピックが長野に決定したことを受けて、平成3年には長野までフル規格で新幹線を建設することが決定したのです。で、ここまで長野ー金沢間の北陸新幹線の建設について何も話が出てきていないですよね。そうなんです。長野ー金沢間の建設をフル規格で行うとはっきりしたのは、平成16年2004のことだったんです。部分的には既に着工していた区間もあったがこのように国鉄の分割民営化の後、しばらくは政府は新幹線の建設にかなり慎重な姿勢があり、そういった中での北陸新幹線の高崎ー長野間の開業だったのです。で、長野まで開業したことから、JR東日本は「長野新幹線」の通称を使おうとしたのです。法令上は北陸新幹線だけどこのことに、富山県と石川県から強い反発が出てきたのです。というのは、長野新幹線では、北陸まで延伸する気があるのか?疑問だってね。一方で、長野県は北陸とは言えないから北陸新幹線ではミスマッチな名前ですよね。そのため、車両や駅の行き先表示では「長野行き新幹線」とし、一方で車内や駅のアナウンスでは、「長野新幹線」としていましたことで、長野新幹線の呼び名が定着したのです。ところが、金沢延伸となったことで、長野新幹線の通称を使い続けるのか?それとも法令上の名称である北陸新幹線とするのか問題が起きたのです。で、北陸新幹線とすることに長野県が反発したのです。一方で北陸の三県は北陸新幹線の名称で統一すべきだと主張したのです。これは、長野新幹線という通称をなくしたくない長野県と、北陸を強くアピールしたい石川県と富山県の意見が真っ向から意見が対立したわけです。結局、 JRは北陸新幹線の名称で統一をし、「長野経由」をつけることで、石川県と富山県、そして長野県を納得させたというわけです。金沢駅と富山駅の間だけを運行する列車つるぎが現在ありますよ。もともと、北陸新幹線は長野―東京間で暫定運転しました。その影響があるのだと思います。長野迄の運転時代は長野新幹線と愛称で呼ばれてましたから、北陸新幹線となり、一部の人に長野に行く新幹線がなくなった。と勘違いする人がいるだろうと思い、長野経由と付けたと思われます。今のところ羽越新幹線計画という構想があります。富山県から青森県を日本海側に沿って走る路線で、計画によれば、北陸新幹線:富山~上越妙高間と上越新幹線:長岡~新潟間を共用区間としています。長岡駅は将来の開通を見込んで、線路の増加を可能にできるように、スペースが予め確保されています。将来開通すれば、長野を経由せずに、新潟から日本海沿いに金沢方面にむかうことができるようになります。実現の目処はまだありませんが、要望する声はあります。現在の北陸新幹線は、金沢延伸される前の終点は長野止まりだったため、暫定的に長野新幹線と呼ばれていました。そのため、名称の変更に因る乗客の混乱を招かないようにするため、また、長野県側の要望もあって、長野経由という案内がされています。北陸新幹線金沢延伸前は、上越新幹線経由で、越後湯沢から特急列車で北陸方面にアクセスしていました。約18年に渡り東京口で長野止まりで運用していたから長野行新幹線と呼称していたのですこの為北陸新幹線ではどこを通るのかわからなくても長野新幹線なら通用する世代は確実にいます今だと富山と金沢のシャトル便のつるぎは長野に行きませんかつては「長野新幹線」と呼ばれていて、長野県民からは「長野」の名称を無くして欲しくない、という我ままな要請があったため「長野経由」として残してるだけの事。長野や新潟はエゴの塊り県なのです。東には出来ないと思う,,.現在敦賀ー福井ー―金沢建設中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です