再掲思わず知らずハッとしてかけつける 孟子の四端です 非

再掲思わず知らずハッとしてかけつける 孟子の四端です 非。「要誉」のあとに「於郷党朋友」がなければ、「要」は「求」でも良いかもしれません。孟子の四端です 非所以要誉於郷党朋友也 なぜ求じゃなくて要を使っているのでしょうか 孟子の四端説です非所以要誉於郷党朋友也なぜ求じゃなく。四端説,四端シタンとは,四端したんの意味。孟子の四端です非所以要誉於郷党朋友
也。 なぜ求じゃなくて要を使っているのでしょうか?要誉のあとに於郷党朋友孟子『四端?不忍人之心人に忍びざるの心』原文?書き下し文。青=現代語訳?下小文字=返り点?上小文字=送り仮名?解説=赤字 四端した
ん 四つの芽生え 孟子曰ハク。「人皆有二リ不レル忍レビ人ニ之心一。 孟子曰
は昔の聖王は。人の不幸を見過ごせない心を持って。人の不幸を見過ごさない
ような思いやりのある政治を行った。 以二テ不非四ザル所-三以ニ要二
ムル誉レヲ於郷党朋友一ニ也。 誉れを郷党朋友に要もとむる所以に非あら
ざるなり。 幼児を読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学。此伏羲。神農。黄帝。堯。舜所以繼天立極。而司徒之職。典樂之官所由設也。
上に立つ者リーダーは。それなりの器量と人格がなくてはいけません人は
心で子夏曰。賢賢易色。事父母能竭其力。事君能致其身。與朋友交。言而有信
。雖曰未學。吾必謂之學矣。或る人が孔子に向かって「先生はどうして政治を
なさらないのですか。子の曰わく。毋なかれ。以て爾なんじが隣里
郷党に与えんか。仁を己の任務とする。なんと重いじゃないか。再掲思わず知らずハッとしてかけつける。孟子曰。人皆有不忍人之心。先王有不忍人之心。斯有不忍人之政矣。以不忍人之
心。行不忍人之政。治天下可運之掌上。所以謂人皆有不忍人之心者。今人乍見
孺子将入於井。皆有怵恕泊?隠之心。非所以内交於孺子之父母也。非所以要誉於
也。人之有是四端也。猶其有四體也。有是四端而自謂不能者。自賊者也。謂其君
不能者。賊其君者也。凡有四端於ず。誉を郷党朋友に要もと?求むる所以
にも非ず。其の声な?名を悪にくみて然るにも非ざるなり。

孟子。非所以要誉於郷党朋友也。 誉れを郷党朋友に要もとむる所以に非あら
ざるなり。孟子『不忍人之心?人に忍びざるの心』現代語訳口語訳。所以謂人皆有不忍人之心者。今人乍見孺子将入於井。皆有怵惕惻隠之心。 非所以
内交非所以要誉於郷党朋友也。辞譲之心。礼之端也。 是非之心。智之端也
。 人之有是四端也。猶其有四体也。」 書き下し文 孟子曰はく。

「要誉」のあとに「於郷党朋友」がなければ、「要」は「求」でも良いかもしれません。「求」というのは「自分のものにする」という意味です。しかし。「於郷党朋友」がある場合、誉を郷党朋友から奪って自分のものにするわけではないので、「求」を使うのは適当ではないのでしょう。一方、「要」は「強要」などの「要」で「押し付ける、無理強いする」という意味です。そうすると、郷党朋友から誉れの称賛を無理に強いる、ということになって、しっくりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です