個人事業税 個人事業税と所得税について質問です 先月に父

個人事業税 個人事業税と所得税について質問です 先月に父。今年の10月にアパート経営を個人事業でやられていたお父様がなくなられたのですね。個人事業税と所得税について質問です
先月に父が亡くなりました
父はアパート経営をしており、私が財産の全てを引き継ぐことになりました
引き継いだのはいいのですが実際はアパート経営をし ていたくらいのことしか知らず生前に相続した時のことなどを話したこともないので何からやっていいのか分からない状態でした
不動産の所有権移転や預貯金の解約まではなんとか終わったのですが、税金の申告や支払いについてが分かりません

特に個人事業税と所得税です
父の通帳の履歴からこれらの税金が引かれていたのが分かったのですが、これから私がアパート経営を引き継ぐにあたりこの2つも支払わなくてはならないと思います

しかしどこで手続きをしたらいいのか分かりません また手続き的には相続の手続きになるのか、私の新規での税金の申告になるのかもよく分かりません

こういった経験のある方どう手続きをしたらいいのかよろしくお願いしますNo。所得税は。毎年月日から月日までの年間に生じた所得について計算し。
その所得金額に対する税額を算出して翌年この場合の準確定申告の期限は。
前年分。本年分とも相続の開始があったことを知った日の翌日からか月以内です

レディース。父が昨年末に亡くなったけど。所得税の確定申告は必要なのかな?までの
年間に生じた所得について計算し。翌年月日から月日までの間に申告。
納税個人事業主?不動産所得があった場合?株式の配当を受けていた場合?
ヵ所以上から先月父が亡くなり。相続人は母。私長男。長女。次男の4人
です。個人住民税に関するよくある質問。富田林市から引っ越ししたのですが。市?府民税証明書はどこの市役所で発行
できますか?今年月に亡くなった父の納税通知書が私宛に届きました。
ただし青色事業専従者として申告された人を扶養親族や同一生計配偶者と
することはできません。市?府民税は。収入が万,円まで。所得税は
万円までなら税金がかかりません。地方税法の規定により。公的年金に
係る所得から算出された市?府民税については。公的年金から「特別徴収の方法
によって徴収

個人事業税。区内の個人事業税。法人事業税?都民税。事業所税にかかる都税事務所の所管
区域について所得税の確定申告書第1表及び青色申告決算書。収支内訳書の
所得金額欄の金額が当該所得ですただし。雑所得が課税の対象となる場合も住民税に関するよくあるご質問。注上記の加算額「万円」については。控除対象配偶者又は扶養親族を有して
いる場合にだけ適用されます。 「所得割」 私の父は令和年月に
亡くなりましたが。父の個人住民税はどうなるのですか。 個人住民税税金に関するよくある質問/広島県府中市。ある質問 みなさんから寄せられるよくある質問について掲載しています。
次に配偶者控除と配偶者特別控除ですが。平成年分の所得にかかわる所得税
および市県民税から制度内容が変わっていますので。ご注意ください。 あなたの

亡くなった人の所得の申告と納税「準確定申告」は相続人が行う。準確定申告とは。亡くなった人被相続人の相続人が。その年の所得や納税を
負担する手続きのことです。故人に給与所得や事業所得。不動産所得などの
所得が万円以上あった場合故人が通常の確定申告が必要だった場合が対象
参考。国税庁「死亡した者の 年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告書付
表」また。平成年分から準確定申告書を連署で提出する場合は。続人全員の
個人番号マイナンバーを記入し。本人確認書類を提出する必要があります。

今年の10月にアパート経営を個人事業でやられていたお父様がなくなられたのですね。不動産の所有権変更登記、預貯金の解約は終わったとの事ですので、財産の分割協議書はできていることでよろしいですね。まずは、亡くなられたお父様の確定申告ですが、「準確定申告」を行う必要があります。普通の確定申告と内容は同じです。申告をするご本人が亡くなっていますので「準」がつくだけです。毎年の確定申告はどの様にされていたのでしょうか?どちらかの税理士さんにお願いしていたのでしょうか。それとも、ご自分でやられていたのでしょうか。税理士さんにお願いしていたのであれば、税理士さんに収入の明細、費用の明細、年金等の源泉徴収票貰っていればを渡してお願いしてください。前年の申告書を税理士さんがもっていると思います。ご自分でやられていたとしますと、収入、費用を纏めて事業所得の計算をしなければなりません。青色申告だと思います事業所得の計算が終われば年金等を含めた確定申告書を作成し、算出された年税額を納めることになります。次に相続税の申告になります。相続税は、相続が発生した日亡くなった日から10か月以内に申告しなければなりません。財産分割協議書は出来上がっていると思いますので、それに沿って贈与税の確定申告書を作成し、税務署に提出し納税することになります。息子さんが引き継ぐとのことですので、税務署に個人事業の開始届、青色申告の届出が必要になると思います。税金とは別の話しになりますが、年金をもらっていたと思いますので、年金事務所か役場の年金課で、年金の資格喪失の手続きが必要です。お母様がご存命でしたら、遺族年金の手続きも必要になるかと思います。届出を忘れるていて、年金が帰休されますと不正受給になりますのでご注意ください。概要だけ書かせていただきました。ご了承ください。お父様がなさっていたことと同じことをあなたがする必要はありません。あなたはあなたのお仕事があるのですから、副収入のことは、専門家に任せれば良いのです。相続のときにお世話になった税理士や弁護士がいらっしゃると思うので、相談して、必要なことを丸投げすれば問題無いです。ちなみに、必要な手続きとしては、次のような手続きになると思います。相続関係①遺産分割協議書の作成②相続登記③相続税の確定申告書相続税が生じる場合不動産事業関係①開業届②青色申告の承認申請書③減価償却方法の選択の届出法定であれば不要④消費税の課税事業者届出書父が課税事業者の場合その他①賃貸借契約書の地位承継に関する覚書②物件を管理する会社との契約などなど。漏れがあれば、すみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です