中央環境審議会 人工林でも適切な管理を行っていれば生物多

中央環境審議会 人工林でも適切な管理を行っていれば生物多。人工林に植栽された樹木の多様性による話です.一般に人工林は,スギあるいはヒノキという樹種を1種類植えるのではないでしょうか.ならば,枝打ち?下草刈りなどのいわゆる適切な管理といわれる作業をしても,スギ林はスギ1種類の林,ヒノキ林はヒノキ1種類の林であって,多様ではないですから,林内の環境も単調であり,つまり多様でないということから,動物種も多様ではないと考えられます.一方,明治神宮の森は,人工林ですが,遷移を想定した樹種を選び植栽するという計画植栽の結果,現在は照葉樹林に近い景観にまで育ちましたから,生物多様性は高くなっています.。人工林でも適切な管理を行っていれば生物多様性は高くなるのでしょうか イヌワシが見られる針葉樹の人工林は存在しますか
管理を行っているところで 中央環境審議会。右下の。保護林の保護?管理の欄を見ていただきたいと思いますが。国有林野
では。森林の適切な保護管理のための巡視こういった中で。小動物に配慮した
側溝。あるいはのり面に鳥類の餌木となる植生を導入するなど。自然環境保全の
気になるんですけれども。一番最初の「森林は野生生物の生息域であり。生物
多様性が極めて高く。」という文章林野庁森林整備部岸 少なくとも現状で
。例えば人工林であるところについてその生物多様性を保全していく林業と多面的機能3。しかし。生物多様性の保全を考慮した人工林の管理を考える場合は。その森林の
管理計画を立てる段階から従来のそれらに加えて。今では。生物多様性保全の
観点から対象林地内の代表的自然生態系を含む。相対的に生物多様性が豊かと
思われる水と陸とが交差する環境を持つ渓流沿いは林内と異なり特に生物多様
性豊かな重要区域であり。しかも連続している管理する必要があると主張し。
本冊子でも触れてきたが。その具体的内容はこのような“人工林における適切な
管理”を

森林が発揮する多面的機能。生物多様性という言葉と接したときに。特に人工林管理を行っている人の中には
。引け目を感じてしまう人がいるかもしれない。しかし。繰り返しになるが。
生物多様性条約では。種の多様性の保全とともに生物資源を持続的に利用する
ことも目的生物多様性条約の森林の拡大作業計画は。自然環境に関わる活動を
していれば。なにか必ず当てはまるような包括的なであったとしても。生態系
サービスの持続的利用とともに。種の多様性の保全という観点でもプラスに働く
はずだ。人工林生態系における植物種多様。様性や植生変化を論じた研究について解説し,ラ ンドスケープレベルでの管理を
はじめとした今後の生態的な人工林しかしながら,人 工林は,自 然林とは全 く
異なった雑草群集,広 範囲に分布する植物種の好適なハビタットとなる林生態
系における生物間相互作用に関する知見はあまりに乏しく,こ の分野の進展が望ま
れる。す る森林 にお ける生物 資源管理 は,生 物多様性保 全 を原 則 とした上
での持続的 な収穫 を目標 とす る こと,そ して生失 した種 に とっての適切 な
ハ ビ

人工林に植栽された樹木の多様性による話です.一般に人工林は,スギあるいはヒノキという樹種を1種類植えるのではないでしょうか.ならば,枝打ち?下草刈りなどのいわゆる適切な管理といわれる作業をしても,スギ林はスギ1種類の林,ヒノキ林はヒノキ1種類の林であって,多様ではないですから,林内の環境も単調であり,つまり多様でないということから,動物種も多様ではないと考えられます.一方,明治神宮の森は,人工林ですが,遷移を想定した樹種を選び植栽するという計画植栽の結果,現在は照葉樹林に近い景観にまで育ちましたから,生物多様性は高くなっています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です