シン?ゴジラと シン?ゴジラと ゴジラ キングオブモンス

シン?ゴジラと シン?ゴジラと ゴジラ キングオブモンス。平成VSシリーズを観て育った世代なので『キングオブモンスターズ』が好きです。「シン?ゴジラ」と 「ゴジラ キングオブモンスターズ」 どちらが好きですか ゴジラ。「キング?オブ?モンスターズ」を一言で言うと。ヤバくて迫力感が
もの凄く良かったですこの映画は。去年見たものなので。ストーリーは大体は
覚えてますが。最後までは全然覚えていません。 ですが。この作品の前に「シン
?『キング?オブ?モンスターズ』の悪い点を『シン?ゴジラ』と。『ゴジラ キング?オブ?モンスターズ』と年の大ヒット映画『シン?ゴジラ
』の良い点?悪い点を比較することで。これから見る方の参考に。 『ゴジラ
キング?オブ?モンスターズ』 本日/金「#ゴジラ キング?『ゴジラ。本作『ゴジラ キング?オブ?モンスターズ』は。東宝特撮映画に心酔する。『
シン?ゴジラ』年の庵野秀明監督と同じく。ゴジラファンによるゴジラ
映画なのである。ここでは。そんな本作が描いたメッセージと

シン?ゴジラと。ネタバレあり映画『ゴジラ。では。これから感想を始めたいと思うのですが。まず私は『ゴジラ』シリーズは
初代『ゴジラ』と『シン?ネタバレあり映画『ゴジラ キング?オブ?
モンスターズ』感想ゴジラがアメリカのものになってしまったことゴジラのマネージャーから聞き出した。キング?オブ?モンスターズ』にはゴジラ。キングギドラ。モスラ。ラドン という有名な怪獣が出てきて大暴ネタバレなし感想ゴジラ。私はシリーズ世代; ゴジラキングオブモンスターズをみた感想; モスラ好きなら
満足すること間違いなし! 怪獣同士の対決構造が新鮮; ゴジラが強すぎてキング
コングが心配; 一番のモンスターは母親; 拡散力のキングオブ

シン?ゴジラと。

平成VSシリーズを観て育った世代なので『キングオブモンスターズ』が好きです。『シンゴジラ』は悪くはないけど観る人を選ぶ映画です。CG技術もそのときはすばらしいと思ったけどKOM観たあとではショボく感じる。でもゴジラファンなら、二作それぞれの良さがあることが分かるはず。 シンゴジラはハリウッドでは作れない。原爆被害国島じゃないもん。落としたほうだから。ゴジラを殺すために使おうと考えるのがアメリカ。アメリカ人にとってはゴジラはでかいモンスターの域を越えられない。怪獣デザインもそう。怖さの中のかわいさがない。一方戦争と核の恐ろしさを具現化させて畏怖の対象として見るのが日本。どんだけリスペクトしても文化の壁はなかなか越えられない。ゴジラファンなら「シン?ゴジラ」でしょう。特撮に関して何も知らない人が「エヴァみたい」なんて浅慮な発言をしていますが、シン?ゴジラがエヴァみたいなのではなく、エヴァが特撮みたいなだけなんですよ。ゴジラの本質は『反核』です。人の業を描いてきたのがゴジラ映画――いえ、東宝の怪獣映画なのに、核兵器をゴジラの餌程度にしか考えていないシナリオや、原爆を正当化する陳腐なセリフ。これを称賛する人間はゴジラファンではなく、単なる怪獣プロレスのファンです。もっと言えば、ゴジラではなく、ゴジラの形をした怪獣が好きなだけ。中身などどうでもよく、外側を似せれば満足する人たちがKOMを称賛しているのです。KOMこそゴジラの表面しか見ておらず、底の浅いオマージュで塗り固めた薄っぺらい映画の代表です。KOMはゴジラの形をした怪獣プロレス映画としては良い出来です。ですが、ゴジラ映画としては実に低レベル。いえ、ゴジラというものに対する冒涜と言っても良い作品です。核の炎に焼かれ、被爆を体現するものとして生まれたゴジラ。核を否定し、人の業の過ちを咎める作品であったはずのゴジラ映画。それを核を使ったアメリカがつくりかえ、あまつさえ「核兵器を許さなければ」と日本人に言わせる。ゴジラに対する理解が有れば、こんな最低の真似は出来ません。「ゴジラキングオブモンスターズ」のほうが好きです。「シン?ゴジラ」は、オタク趣味過ぎる感じですし、エヴァンゲリオン化し過ぎているとも言えるでしょう。ゴジラが進化し過ぎです。「キングオブモンスターズ」も、ストーリーに無理もあるのですが、ドラマチックではありました。キング?オブ?モンスターズです映画としての面白さは個人の好みですがゴジラファンとしては間違いなくキング?オブ?モンスターズですシンゴジラはアメリカ軍の攻撃で血だらけになったり電車に転ばされたり、史上最弱のゴジラであり監督がゴジラを全く知らない、もしくはゴジラが嫌いである事がはっきり解る映画でゴジラファンには不快でしかありませんゴジラ映画の中でも最低です勝負にならないレベルでKOMですゴジラシリーズを好きでは無いと公言してる監督が撮った作品を挙げる気持ちが解りませんあそこまでゴジラを私物化したなら最終形態のヒトガタまで描けよって思いましたけどね流石にそれやると批判多そうだからやめたんでしょ?その辺の小聡明さも不愉快でしたどう観ても庵野の中ではヱヴァンゲリヲン>>>>ゴジラで、正直初代すらリスペクトしてないのは明白ですよ様々なところで初代を観てないとおぼしき方がやたらと「原点回帰」と仰ってますが、メッセージ性も全然別物ですのでそりゃヱヴァンゲリヲン好きな人はシンゴジラを挙げるでしょうただ、その層の人が昭和~ミレニアムまで支え続けたファンのように、今後もゴジラを支えていくとは正直思えませんそれに引き換えKOMはシリーズへの愛に溢れていましたどれだけ興行的に落ち込んだ時でもゴジラを見捨てなかった往年のファンには感涙モノでした要するにゴジラ作品に於いて、リアリティーのある人間ドラマが求められた時期なんてただの1秒も無いんですよ『シン?ゴジラ』の方が好きです。別に『キング?オブ?モンスターズ』がキライなわけじゃないんですが、『シン?ゴジラ』が、「自分には面白かった好き」「自分的に、これはマイナスと思えた部分は特にない」のに対し、『キング?オブ?モンスターズ』は、「面白かった」「けど、自分的には、不満点はある」ので、「好き度」で言えば、『シン?ゴジラ』の方が上だなあと*^-^*当然、『シン?ゴジラ』です。キングオブモンスターズに限らず、レジェンダリー版のゴジラは核への警鐘を忘れた駄作中の駄作です。ゴジラという映画の表面しかとらえていません。断然、『シン?ゴジラ』ですね。構成の巧みさ、物語の面白さが段違い。怪獣プロレスは、バカバカしくて見てられません。出て来る人間はアホばっかしだし、ゴジラが雄叫びを上げると、他の怪獣が、ひざまずくとか、パロディでやってんのか?と思いました。断然「キング?オブ?モンスター」が好きですね。シンゴジラは説明クサくてイラッとしました。キングオブでも芹沢博士がサッサと会議を抜け出してその事をデスってましたよね。ゴジラの目は死んでるしィ、ゴジラは鯖かよって思ったネ、何でゴジラに歌舞伎やらせてんだって憤慨したし、なにが、ゴット?ジラでゴジラだよ、ダジャレじゃネーか!フザケンナって、ホント最悪のゴジラ映画でした。シンゴジラの方がゴジラ自体はカッコいいなと思います。ハリウッド版の方はどうもずんぐりむっくりさすがというか、首がない感じというか、そのあたりがあまり好きではないです。あと、やっぱりゴジラには日本人がよくあいます。石原さとみの英語は嫌いでしたが笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です