キリスト教とは キリスト教ってどんな感じですか

キリスト教とは キリスト教ってどんな感じですか。キリスト教は最も愚劣な宗教です。キリスト教ってどんな感じですか 日本人の知らない教養あなたは「キリスト教」がどんな宗教か。と。これだけでは何者か分からないのでもう少し言いますと。「上馬キリスト
教会@」というツイッターアカウントを運営する「まじめ
しかし少しだけ質問を変えて「キリスト教ってどんな宗教ですか?解説キリスト教とはどんな宗教。聞くとみなさんはどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?今回の記事では
。筆者の体験談も交えてキリスト教の教えや特徴について分かりやすく解説を
しました。キリスト教ってどんな宗教なのか知りたい人は必見です。キリスト教とは。突然ですが。みなさんの宗教は何ですか? こう聞かれてはっきり答えられる日本
人は。実はあまり多くないのではないでしょうか? 日本には仏教と神道が

キリスト教ってどんな宗教。今。世界で最も位多くの人に信仰されている宗教。キリスト教。そんな
キリスト教ですが。皆様ご存知のイエス?キリストが基礎のアイデアを築き。
その弟子たちがキリスト教をって感じにキリスト教が生まれました!高校世界史B「キリスト教ってどんな宗教。彼が生まれた パレスチナ では。当時 ユダヤ教 が浸透していました。 ユダヤ教は
いくつかのグループに分かれますが。なかでも パリサイ派 が力をもっていたの
です。 パリサイ派は 律法キリスト教をなるべくしっかり簡単めに解説するよ。なるべく簡単に。なおかつわかりやすく。しっかりとしたキリスト教解説。……
を試みようと画像はいらすとやさんが描かれた似顔絵です この世界一
イエスって名前の宗教指導家が処刑された」って話が入ってるから。 昔々から
どんなしょうもない記録であっても。 ギネスブックにば嬉しい。
少なくとも僕が行ってるプロテスタント教会ではほんとこんな感じだから。

キリスト教ってどんな感じですかの画像。

キリスト教は最も愚劣な宗教です。 パウロは人間の義人と罪人の基準をキリスト教信者であるか、未信者であるかにしてしまった。「捏造された神の名の下に人を信者?未信者を基準に義人と罪人に二分する善悪二元論は、異教徒や異端者をサタンの側、魔女し無慈悲に殺す精神構造を作り出したのです。異端審問、魔女狩り、異教徒へのホロコースト等の真のセイショ的根拠は「異教徒は神の怒りを受け裁かれるべき罪人」「異教の神々はサタン」と決めつけるパウロの善悪二元論にあったのでしょう。実際、魔女狩りの対象は異教徒?異端者?産婆?ドルイド教の影響を受けた民間女医?ユダヤ人であった。魔女がりは異端審問官とキリスト教の知識人によって煽動された。 キリスト教は関係ありませんとの言い訳をよく耳にするがとんでもない話です。キリスト教社会の闇魔女狩りはプロテスタントにおいてもつとも過酷であった。「ルターはアウグスティヌスの「魔女との契約」論理と旧約の出エジプト記のモーゼのしんげん「女魔術師は生かすべからず」に忠実であった。彼はそれをドイツ語に翻訳しているのだ。このように伝統的な教会悪魔学の魔女論理を引き継いでいる。実際に彼は1540年????テンベルグで4人を魔女として火あぶりにしている。魔女とキリスト教 上山 安敏 講談社学術文庫 p293」聖書のいたるところに神による殺人命令があります。殺せ!と神が命じるとき一部ですか、キリスト教徒が聖書の教えを守っておこなった行為をかいておきます。●●異教に誘うものは親兄弟でも殺さなければならない●●●これが神ヤハウェ=イエスの命令です。申命記13:6同じ母に生れたあなたの兄弟、またはあなたのむすこ、娘、またはあなたのふところの妻、またはあなたと身命を共にする友が、ひそかに誘って『われわれは行って他の神々に仕えよう』と言うかも知れない。これはあなたも先祖たちも知らなかった神々、13:9必ず彼を殺さなければならない。彼を殺すには、あなたがまず彼に手を下し、その後、民がみな手を下さなければならない。裁くなと言いながらさばき●ピューリタンによる聖絶●1620年にイギリスからアメリカへ移り住んだ清教徒の半数は最初の年の冬を越せずに亡くなっていますが、彼らを全滅から救ったのがインディアンです。だが、ピューリタンは自分たちを新ユダヤ人と称し、聖書を引用しながら、新大陸を約束の地カナンとして、北米の先住民を神の許しのもとに殺戮しました。1600万人の北米インデアンが殺戮され、ほぼ人種絶滅につながりました。2000年前のことではないのです。聖書の文言が神の言葉とされる限り、状況によっては今後も繰り返されることなのです。●●インデオ殺幾●●●?????に食人を強制しました。●降服していたインディオたちをできるだけ大勢連れて行き、彼らを他のインディオたちと戦わせた。彼はだいたい1万人か2万人のインディオを連れて行ったが、彼らには食事を与えなかった。その代わり、彼はそのインディオたちに、彼が捕らえたインディオたちを食べるのを許していた。そういうわけで、彼の陣営の中には人肉を売る店が現われ、そこでは彼の立会いのもとで子供が殺され、焼かれ、また、男が手足を切断されて殺された。人体の中でもっとも美味とされるのが手足であったからである。インディアスの破壊についての簡潔な報告< p.81>スペイン人たちは村へ侵入し、大半が藁造りのインディオたちの家に火を放った。インディオたちが気付いた時は既に手遅れで、女、子供、そのほか大勢のインディオが生きたまま焼き殺された。???」<同書 49>インデオ虐殺1000万人キリスト教徒のインディオ殺しは残酷で、例えばインディオを13人ずづ絞首台にかけ下からは小さい火を燃やし、絞め殺すと同時に焼き殺したのです。何故 13人ずつかと言うと、救い主のイエスキリストと12使徒の名誉のためでした。また、インディオの子供の頭を岩や木に投げつけ、生きたまま犬の餌にしまし た。こういた「立派な」行為を熱心に書き留め、その記録をスペイン宮廷に送りました。タスマニア島アボリジニーを全滅させ、オーストラリアにいたアボリジニー人を虐殺を煽りまくったのは、神の使いキリスト教会の牧師達である。毎日曜のミサのあとでイギリス人入植者たちは馬にまたがり、日曜の余暇としてアボリジニー?ハンティングを楽しんだ。キツネ狩りと同じように酒を飲み奇声を上げ、逃げ惑う先住民を楽しみながら殺していったのだ。バチカンと英国王室は、カナダの先住民インディアンである、モホーク族の寄宿舎で虐殺を行なっていました。これは1960年代から行われていたと言われる、とんでもないジェノサイドで、子供たを強制的に寄宿舎に入れ、細菌感染や拷問などで、推定5万人以上を殺害したというものです。●●異教徒は人間ではない●●●1452年、ローマ教皇ニコラウス5世はポルトガル人に異教徒を永遠の奴隷にする許可を与えて、非キリスト教圏の侵略を正当化した。●●●隣人愛としての原爆投下●●●●プロテスタントの牧師キュンネトKünnethも、原子爆弾は隣人愛の為に使えると主張しました。それはあの広島?長崎原爆投下の十三年後の事でした。第二次大戦中、アメリカ合衆国のプロテスタントやカトリック教会の司教達も日本への原爆投下のために尽力した。、パイロットが自分の母 親の名前を命名したB29爆撃機「エノラゲイ」がティニアン島から離陸する直前、牧師が、「あなたを愛する者の祈りを聞き届けてくれる全能の神よ、お願い です、あなたの天の高さに向け、我々の敵と戦う乗組員を守って下さい。これからも我々はあなたを信頼しながらこの世の道を歩みます。全テキス ト: H. Gollwitzer Die Christen und die Atomwaffen 1957からの引用」と祈りました。キリスト教の神の助けにより7万人が広島で翌朝8時半即死しました。その後5年間に20万人の命が失われました。勿論、神様に感謝しました。彼ら、あのアメリカのクリスチャン達が。冷戦時代、両教会は水素爆弾の開発や配置をも支持しました。●●●●ユダヤ人はイエスを受け入れない悪魔である。●●●●●ユダヤ人に対し聖書は悪魔から生まれたと言っている。ヨハネの福音8章 44節」あなたがたは自分の父、すなわち、悪魔から出てきた者であって、その父の欲望どおりを行おうと思っている。彼は初めから、人殺しであって、真理に立つ者ではない。彼のうちには真理がないからである。彼が偽りを言うとき、いつも自分の本音をはいているのである。彼は偽り者であり、偽りの父であるからだ。マタイによる福音書27:25「その血の責任は、われわれとわれわれの子孫の上にかかってもよい」4世紀以降キリスト教会は神殺しの民としてユダヤ人の迫害を繰り返してきました。キリスト教がローマの国教となるとユダヤ教会には「セクタ?ネファリア」邪悪な宗派という刻印が押された。キリスト教会の主張に従ってビザンチン帝国は次々と反ユダヤ法を制定したのです。ユダヤ人嫌悪はキリストを十字架にかけた人々の子孫を世に残すことは神意に反するとして正当化されたのです。十、十一世紀になるとキリスト教神学に基づく戦闘的理念を形成し始めると教会が培ってきた反ユダヤ主義は現実的迫害に転化し始めたのです。、千九十六年十字軍はイスラム教に対する敵意だけでなく、最初から「キリストの殺害者ユダヤ人に対する「復讐」を誓っていたのです。ルーアンでユダヤ人を襲撃した十字軍は次々とユダヤ人コミニィティーを襲い、虐殺と略奪を重ね、生き残ったユダヤ人に改宗を強要しました。数万人の規模で殺戮されたようです。ゲットーに閉じ込めユダヤの星をつけさせたのはナチスが初めではありません。一二一五年第四ラテラノ公会議で、ユダヤ人とキリスト教徒の性行を禁止するため、ユダヤ人は自分がユダヤ人であることを示さなくてはならないと定められた。この決定に従って「恥辱のバッチ」の制度が始まった、ルターの晩年論文「ユダヤ人と彼らの嘘」1、 シナゴーグやイェシーバーを、跡形残らず徹底的に焼き払うべし2、更にユダヤ人の所有する家をも打ち壊し、所有者を田舎に住まわせるべし3、宗教書を取り上げるべし4、ラビの伝道を禁じ、従わないようであれば処刑すべし5、ユダヤ人を撲滅するための方途を穏便に実行すべし6、高利貸しを禁じ、金銀を悉く没収し、保管すべし7、ユダヤ人を農奴として働かせるべし第二次世界大戦以降、学問の分野で支配的となった見解[4]は、本論文が宗教改革からホロコーストまでの数世紀において、ユダヤ人に対するドイツ人の態度に少なからぬ影響を与えた、というものであった。ルターが官憲に対してユダヤ人の特性を述べた、七つの提示は、1938年8月ナチスの宣伝相ゲッペルスが水晶の夜でおなったユダヤ人指令と重要な部分で重なっている。「ユダヤ人と彼らの嘘」「シエム?ハムフォラスとキリスト者の性」は、ヒットラーによって2百万部も配布された。p160 魔女とキリスト教ユダヤ人も魔女と同じ異界に住むi異人であった。ーーーーーーーーーーーーーーーーーー「イエスという方が人間の罪の贖いとして十字架上で犠牲死した」「三日後に復活した」「その後は父なる神のもとである天国に帰った」「永遠の命が与えられる」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です