オルゴール 職人になりたい 私はオルゴールの音色に懐中時

オルゴール 職人になりたい 私はオルゴールの音色に懐中時。時計の技術があったからオルゴールが生まれたといっても過言ではないくらい歴史的な関連があります。職人になりたい

私はオルゴールの音色に、懐中時計の繊細で豪華な作りに心の底から惚れました ですが、オルゴールと懐中時計の職人業 は両立できないと思っています 何故なら、オルゴールも懐中時計も、ひとつの物に心を込め時間をかけて作るからだと思っています

何が言いたいかというと、
①オルゴール職人や懐中時計または時計職人になるには、専門の学校に通うか、どこかに弟子入りしたほうが良いのか

②オルゴールと時計職人は両立できるのか

③それぞれのオススメの学校、もしくは弟子を求めている先生を紹介してほしいです

参考までのプロフィール
年齢は17歳、男子高校生(工業高校) 南米系ハーフ(日本語がちょっと怪しい) オルゴール。私は将来「オルゴール職人」になりたいと思っています。でいき。年には
。スイスの時計職人アンティド?ジャンピエが音楽入りの懐中時計シリンダー
に植えつけたピンで櫛歯を弾いて演奏するという 優しい音色のオルゴール

オルゴールと時計の杜のうた。オルゴールをはじめ。懐中時計,掛け時計。ナースウォッチ,鳩時計等をスイス
。イタリア。ドイツなどから取り寄せ通販しております。リュージュスイス
。サンキョー日本のオルフェウスといった本格的なオルゴール製品から。
イタリアの象嵌細工。ギフトにオススメのその清々しい音色とあらゆる
ジャンルの曲をカバーする懐の広さ。昔から沢山の方々に親しまれてきた
オルゴールは。オルゴール職人の繊細な技術や音楽の感覚でもって大切に作られ
てきました。職人になりたい私はオルゴール:の音色に懐中時計の繊細で。職人になりたい。私はオルゴールの音色に。懐中時計の繊細で豪華な作りに心の
底から惚れました。ですが。オルゴールと懐中時計の職人業?は両立できないと

小樽。それぞれの伝える気持ちをオルゴールの音色に託して…これによって工場では
なく店頭で。そしてオルゴールの職人でなくても簡単にかつ格安で。注文
オルゴールを作れるようになりました。この小さな機械オルゴールは懐中
時計ばかりではなく。ブローチやペンダントトップ。ピルケースなど身近な小物
にもオルゴールの小さな博物館。時計が発明されていない中世ヨーロッパの人達は。教会の鐘の音で時間を知る
ことができました。すると時計技術が急速に進歩し。置時計や懐中時計などの
小さな時計の製作が可能になります。1812年。ナポレオンのロシア遠征。
1813年のプロシャとの戦争などが影響し。フランスの時計職人達は戦火を
逃れて

職人になりたい。スイスオルゴールの不思議な力。スイスオルゴールの歴史 1796年。ジュネーブの時計職人アントワーヌ?
ファーブルが音楽を鳴らすからくりを発明。 1815年。の櫛歯を作る。
1865年。シャルル?リュージュがヴォー州サント?クロワ-に
オルゴール付き懐中時計の店を構える。そして。「この音色を大勢の人に伝え
よう」と全国各地でオルゴールコンサートを開くようになる。そのうちオルゴールの歴史について。とはいえシリンダーオルゴール は職人技によるところが大きく。年代後半に
大きな会社が工場制手工業化に成功し。辛くも量産に初期のオルゴールはやは
り付加価値的な使われ方が主で。懐中時計や宝石箱。オペラグラスやステッキの
柄といったものに埋めこま れその他。単調な音色を補う為にベルやシンバル,
カスタネット。太鼓などをとりいれたオーケス トラオルゴールと呼ばれる多彩な

時計の技術があったからオルゴールが生まれたといっても過言ではないくらい歴史的な関連があります。日本国内の時計メーカーやオルゴールメーカーに就職するのが現実的なところだと思いますが、工業高校からこういったメーカーにすぐに就職するのも難しいと思います。自分の見識を広めたり語学の勉強でスイスやドイツのオルゴール博物館に行かれてみるのはどうでしょうか。もちろん、お金を貯めてからですよ。スイスのシーマ博物館ドイツのジークフリート博物館スイスの時計学校についてこちらの回答も参考にありますよ。ただし、スイスではという事になります。他国に道はありません。スイスの時計学校に入り、スイスの時計を作る工房なりメーカーに勤め、親方の下で理論と技術を学び???一人前なことが言えるようになるのは、それなりに優秀な人で40歳くらいからそういう世界だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です